気になるロボット掃除機「ブラーバジェット」を1週間レンタルしてみました

 

ジメジメとした梅雨の時期から夏にかけて、床がベトベトしてきますよね。

子どもがいると、外でたくさん遊んだその足に汗や砂がついていて、それが床に残ったり……。

そんな床を綺麗にしたいけど、疲れていると掃除も面倒、なんてことありませんか?

ロボット掃除機の購入を検討しようと思ったのですが、結構お値段が張るので、失敗したくないですよね。

そこで、まずレンタルしてみることにしました!

 

■床に水を噴射しながら、床拭きしてくれる!


ロボット掃除機といえば、iRobotのルンバが有名ですよね。

そのルンバから、2014年に床拭きロボット「ブラーバ380」が出ています。

今回は、その最新型「ブラーバジェット240」をレンタルしました。

ブラーバジェットは、ブラーバと異なり、よりコンパクト。

幅178×奥行170×高さ84ミリで、小箱のような感じです。

ブラーバもブラーバジェットも水拭きという機能は変わりませんが、

ブラーバは水を含みながら床を拭くのに対し、ブラーバジェットは床に水を噴射しながら、床拭きしていきます。

 

■購入したら32,000円だけど、1週間2,980円で試せる!

今回、利用したのは「Rentio」という家電レンタルサイト。

まず、アイテムを選択し、届けてほしい日時を指定します。

最短で、2日後からレンタルできました。

ブラーバジェットは、7泊8日からレンタルできて、2,980円。

32,000円の商品を、こんなに安くレンタルできるのはいいですよね。

また、嬉しいことに送料は無料なんです!

届いた段ボールの中には、送り状と返却日が記載された紙も同封されていました。


まずはバッテリーを充電します。約2時間ほどで充電が完了します。


その後、青の使い捨てシートをはめ込みます。

本体に水を入れたら、ボタンを2回押してスタートです。


壁に当たると右に曲がろうとするので、部屋の左隅から始めましょう。

スタート位置が大事です!

クリーニングヘッドを振動させながら、同じ場所を3回念入りに拭くことにより、こびりついた汚れもスッキリこすり落とします。

一通り掃除すると、スタート位置に戻り、電源が切れます。


どうですか、この汚れ!

床もツルツルで気持ちいいです。このシートには洗剤が配合されているので、普通に拭くよりきれいになるようです。


オレンジのシートはダンプスウィープモード用で日常的な汚れに、

白のシートはドライスウィープモード用で、ペットの毛などもから拭きしながらからめ取ってくれます。

正直なところ、最初は自分で掃除した方が早そうだし、掃除後もたいして変わらないのでは?と疑っていたのですが、杞憂に終わりました。

自分で掃除するよりもラクに、はるかにきれいになるので、ブラーバジェットの方がいいかも!という感想を持ちました。

でも、今回使ったシートは使い捨てなので、少し割高になってしまうのがネック。

洗濯可能なパットがあるようなので、購入するならこの洗濯可能なパットで掃除するのがが良さそう。

1週間レンタルして、自宅でじっくり試してみてメリットを実感できたので、納得して購入に踏み切れそうです。

 

【参考】

※ Rentio