洗濯槽クリーナーだけでは限界!? 洗濯機クリーニング業者に頼んでみました

 

Whitestorm / PIXTA(ピクスタ)

みなさん、洗濯機の掃除はどのくらいの頻度でしていますか?

洗濯槽クリーナーを使って、1か月に1回、2〜3か月に1回など頻度は様々だと思います。

実は、洗濯槽クリーナーを使っても、完璧に汚れが落ちているわけではないということを聞き、

もしかしたらわが家の洗濯機もひどいことになっているのではないか?と心配になり、今回洗濯機クリーニング業者を頼んでみました。

 

■業者を比較し、ネットで予約

foly / PIXTA(ピクスタ)

今回、オンラインで出張・訪問サービスの依頼ができる「くらしのマーケット」というマッチングサイトで探しました。

エアコンクリーニングや、不用品回収、引越しなどの「サービス」を訪問エリア、料金、口コミから選ぶことができます。

それぞれの店舗のセールスポイントや詳しいサービス内容なども比較し、自分にぴったりのサービスを探せます。

洗濯機クリーニングの相場は、1台13,000円〜18,000円ということでしたが、

筆者は、12,000円で頼めるひまわり倶楽部という会社に決めました。

 

■1年間掃除していなかった結果…洗濯槽は真っ黒!

magraphics / PIXTA(ピクスタ)

洗濯物に茶色いカスがついていること、ありませんか?

それは、洗濯槽にこびりついたカビだそうです。

特に梅雨の時期は湿度が100%になるので、カビの発生率も高まります。

恥ずかしながら、筆者が洗濯槽クリーナーで掃除したのは1年前。

どのくらい汚れているのか気になるところです……。

2人の清掃員の方が来てくださり、作業時間3時間の中で掃除をスタート。

洗濯槽の汚れを確認すると、真っ黒です!

こんなに汚れた洗濯機で洗っていたなんて……。

清掃員さんの話によると、洗濯槽クリーナーは汚れを防止するものなので、クリーナーだけでは完璧には汚れは落ちないそうです。


洗濯槽の底も真っ黒です。


洗濯機本体も汚れがひどかったです。

 

■ピカピカの洗濯槽に変身!


見てください、このピカピカの洗濯槽!

予想以上に汚れがこびりついていたようです。


底も綺麗になりました。


洗濯機に、汚れも残っていません。

 

■洗剤が多いのかも?という指摘が…

ララ / PIXTA(ピクスタ)

思っていた以上に汚れていたので、清掃員さんに尋ねてみたところ「洗剤を多く入れすぎているのかもしれません」と指摘されました。

また、ごみ取りネットも家電量販店などで新しく買い直した方が良いようです。

今回の清掃でキレイになったので、こまめに洗濯槽クリーナーを使って汚れを防止していくのが良さそうです。

カビが発生しやすい梅雨の時期に、洗濯機クリーニングを依頼してみてはいかがでしょうか。

【参考】

※ くらしのマーケット