この夏絶対にアリを寄せ付けないために!徹底したい5つの習慣

 

Kyon Kyon / PIXTA(ピクスタ)

もうすぐ夏がやって来ますね。

夏といえばアリやゴキブリなどの害虫も増える時期。

著者の住むメキシコでは、一年じゅう色々な種類のアリが家に侵入してきます(家の大きさや質に関係なくどんな家もです!)。

子供用歯磨き粉にアリが来ていたこともあるほどです。

いろいろと工夫するうちに、アリをなるべく家に寄せ付けない5つの習慣を発見しました。

どれも当たり前のことなのですが、これらを徹底するとアリの侵入が確実に減りますので、ご紹介したいと思います。

 

■1・砂糖類はアリの出やすい時期は冷蔵庫に

VietImages / PIXTA(ピクスタ)

夏場だけでも、甘い食料品を冷蔵庫に保管されてはいかがでしょうか?

著者宅では食べ物は戸棚に保管しません。

しっかりと閉まっている砂糖のジャーや、一度開けたシリアル、またコンソメなどにもアリはすぐに来てしまうので、それらの物は全て冷蔵庫の中にしまってあります。

 

 

■2・食器類は食後すぐに洗う

ekarin / PIXTA(ピクスタ)

食後、食器類をすぐに洗うことができない時は、水で流してソースなどの残った食べ物を取り除いておくことも大事です。

日本ではそこまでアリが来ることはないのかもしれませんが、著者宅では少しでも食後の食器類をシンクに残しておくと、アリが来てしまうのです。

もちろん甘いジュースの残ったコップ類にも。

とにかく食べ物を残しておかないこと、食べ物の匂いを残しておかないことです!

 

■3・ゴミ箱の中のゴミをこまめに外へ出す

kaka / PIXTA(ピクスタ)

著者宅のゴミ箱には残念ながら、毎日アリが来ています。

ゴミ箱から一切食べ物を取り除くことはなかなか難しいですよね。

ですので、とにかくこまめにゴミを出すしかありません。

毎日ゴミが出せない場合は、古紙や古布などで食べ物をくるんで、ゴミ箱のふたをしっかりと閉めておきましょう。

これだけでも少しは違うと思いますよ。

 

■4・子供の食べこぼしはすぐにお掃除

OLENA MARKOVA / PIXTA(ピクスタ)

子供がお菓子を食べていて、ポロッと床にクッキーのかけらなどが落ちてしまうことってよくありますよね。

こちらも注意していないとすぐにアリがきてしまいます。

子供がおやつを食べた後はテーブルや床に甘いお菓子が落ちていないか、必ずチェックしましょう。

 

■5・ペットのエサは残しておかない

HASLOO / PIXTA(ピクスタ)

人間の食べ物だけでなくアリはペットのエサにも来てしまいます。

ペットがいる方は、食べ残しがないか確認して、なるべくエサを残しておかない事が大切です。

著者の家には猫がいますが、たまにあげるシーチキンにはいつもアリが飛びついてきます(ちなみに写真はわざと缶を残してみました)。

ですので、食べ終わったらすぐにボールをきれいに洗うこと。

匂いが消えるのでアリも来なくなりますよ。

どれも特別な道具などは必要なく、習慣にしてしまえば良いことばかりです。

殺虫剤や代用品を使う以前にできることですので、ぜひ参考にしていただければと思います。