楽しく簡単!スウェーデン流「ハロウィンデコレーション」アイディア4つ

スウェーデンでも人気のハロウィン。

楽しみ方は、いろいろ。家族でハロウィンにちなんだお料理を楽しんだり、お菓子を食べたり。子供たちが仮装してご近所をまわり、お菓子をもらったり。パーティしたり。

お家のデコレーションだって、自分たちにぴったりに作ってみませんか?

スウェーデンで10年に渡り、折り紙を中心にクラフト教室を主宰する筆者がおすすめするハロウィンの飾り。

身近にある材料でお金をかけずに簡単に!お子さんと一緒に、楽しめるハロウィンの飾りをご紹介します。

 

■スウェーデンで人気のORIGAMI

画用紙を正方形にカットして折った「ジャック・オ ランタン(かぼちゃ)」。簡単にできますよ。オレンジや黄色の折り紙や、画用紙で折ってみましょう!

鶴の折り方でここまで。

左右とがっている部分を裏側に織り込みます。

上下左右を裏側に織り込んだらできあがり!

ペンで目や口を書き込みましょう。目や鼻はシンプルに、三角で!

 

■シンプルなモチーフは、つなげてインパクトを!

ハロウィンのモチーフはシンプルなものが多いので、お子さんと手作りするのにぴったり。

蛇腹に折ってカットし、顔を描いてみましょう。

 

■モチーフはまとめて飾りましょう!

折ったり、カットして作ったモチーフは、一か所にまとめて飾るとインパクトがでます。リースにして玄関のドアや、窓に飾ってもいいですね。

スウェーデンでは、玄関先にこうしてハロウィーンの飾りをしているお宅は「お菓子を用意しているから、どうぞドアベル鳴らしてね!」のサインです。

 

■ちょっといたずら……こんなところに足が!

家にある服と靴で、簡単にできるデコレーション。

裾にゴムが入っているタイプのパンツを長靴やブーツにかぶせます。パンツの中に、タオルなどを入れて、ふっくらさせるとよりリアルになりますよ。

ソファの下、犬小屋? 壁の上から? 家の中や外に飾ると、ゲストをビックリさせられるはずです。

 

当日はもちろん、イベントの準備というのはワクワクするもの。家族と一緒に、手軽に、楽しく、ハロウィンのデコレーションしてみてはいかがですか?