ニトリの「Nクール」って知ってる?ひんやり気持ちいい抱き枕を1年間使ってみました

 

Graphs / PIXTA

梅雨が明けると夏本番ですね。

クールビズや節電など「地球にやさしい行いを心がけよう」と呼びかけが始まるのもこの季節です。

「うだるような夏の暑さをどう乗り切るか」

わが家は夜の寝苦しさに焦点を当てて、ニトリの「Nクール」に着目しました。

去年の夏から我が家の一員になったアザラシ(抱きまくら)の「あざ丸」についてお話したいと思います。

 

■「Nクール」は接触冷感素材を使った「ニトリ商品」のこと

ヨシヒロ / PIXTA(ピクスタ)

突然ですが「接触冷感」ってご存知ですか?

筆者はニトリのNクールに出会うまで、全く知りませんでした。

肌が触れた部分から、体温が生地に伝わって「冷たいな」と感じることを「接触冷感」と言うそうです。

寝苦しい夜を解消する方法として筆者が考え付くのは、クーラーや扇風機で室温を下げるか、氷枕を使って部分的に体温を下げることくらいでした。

そんな我が家に新風を吹き込んでくれたのが、ニトリの「Nクール」シリーズです。

Nクールとはニトリが開発した「ひんやり」を感じる接触冷感素材の商品で、寝具を中心にラグやソファカバーなど、肌に触れるファブリック商品がたくさん売られています。

 

■1年前にアザラシのあざ丸(Nクールの抱きまくら)を娘にプレゼント

真夏になると暑さに耐えきれないのか、朝は半裸状態で目覚めるぽっちゃり娘(小4)のために、ニトリでかわいいアザラシの抱きまくら(Nクール)を購入。

サイズはS・M・Lとあるのですが、娘は迷わずLを選択。

両腕で抱きしめられるビッグサイズです(1頭2,490円・税込)。

「あざ丸」というのは娘が勝手に名付けた愛称で、そのお気に入り具合が半端じゃありません。

朝はあざ丸のしっぽを持ち、階段を引きずって起きてきますし、お尻に敷いてテレビを見たり、背中に乗っかって読書をしたり。

かわいがっているのか、いじめているのかわかりませんが……写真のくたびれ具合で「いつも一緒な感じ」がお分かりいただけるのではないでしょうか?

ぺしゃんこになって、まるでカレイ。

 

■1年たっても「ひんやり」を持続。節約にもなる接触冷感

「あざ丸の背中に両足を乗っけて眠る」が娘のベストな態勢みたいです。

とにかく肌をたくさんひっつけて眠るのが、とても気持ちいいと言っています。

あざ丸のおかげなのか、その後、娘が半裸で目覚める回数は減りました。

1年たった今でも「接触冷感」は持続中です。

筆者も時々まくら替わりに使いますが、「ひんやり感」が気持ちいい!

しばらくすると生地が体温で温まってくるのか「ひんやり度」が落ちてくるので、場所を変えてひんやりを求めて姿勢を変えています。

寝具を工夫するだけで寝苦しさを軽減できるので、クーラーや扇風機など電気代の節約にもなりますよ。

ニトリの「Nクール」ですが、ほかにも「Nクールスーパー」「Nクールダブルスーパー」があって、順に、冷たさ・機能がアップするそうです。

1年間「Nクール」の効果を体感した今年の夏は、ベッドのボックスシーツを購入予定。

ボックスシーツ(シングル)は1枚、1,490円(税込)でした。

他の同等商品に比べてもお財布にやさしいと思います。

ロープライスで節電にもなる「Nクール」。

ちょっと気になった方、この夏、試してみてはいかがでしょうか。