どうしてそうなった?【おもしろ外観の家シリーズ】no.5「13枚の壁が立つ家」

 

「どうしてそんな外観になったの!?」と、思わず“2度見”したくなるような家をご紹介し、「どうしてそんな形になったのか」「中はどうなっているのか?」などを明らかにしていく「おもしろ外観の家シリーズ」。

第4弾は、「13枚の壁が立つ家」!

13枚の壁が立つ家の外観

扇状の敷地に沿って13枚の真っ白な壁が並んでいます。壁の間のユーモラスな植栽は、メキシコの植物であるユッカロストラータ。

壁の間の窓にカーテンはなく、中を覗き込む通行人もいるそう。たしかにギャラリーや美術館と間違えそうな壮観な作りですもんね。

玄関側から見た13枚の壁が立つ家

玄関側から見ると、まるで板だけが並んでいるように見えてユニークです。右手の隣地との境は斜線制限のため、壁が斜めに切り取られており、背後には竹林が広がります。

なぜ外観をこのような不思議な壁にしたのでしょうか?

 

■敷地は「変形地」の方がおもしろい家が建つ

この家の主であるBさん夫妻によれば、この敷地は家が建てづらい形状のため売れ残っていたそう。

しかし扇状の敷地は東から南にかけての円弧部分が道路、西側には竹林が広がる開放的な環境で、隣地に接した北側以外の三方は開けているという好ロケーションでもありました。

奥さんは「四角い土地より変な形のほうがおもしろい家が建つと思ったんです」と変形地をポジティブに捉え、設計者から最初に模型を見せられたときも、「美術館みたい!」と喜んだそうです。

13枚の壁が立つ家の内部

また奥行きのある壁を“ルーバー状”に13枚重ねることで、外光が壁に繰り返しバウンドし、柔らかい間接光が室内を満たします。

おかげで室内は1日中明るく、外からの視線も気になりません。光が奥まで入らない夏は涼しく、奥深く入る冬は暖かい、エコな家づくりとなりました。

 

■ルーバー状の壁は収納やディスプレイに活用

室内ではこの壁はどうなっているのでしょうか?

13枚の壁が立つ家の内部

2階洗面所から見ると、ルーバー状の壁の間に可動棚を設置し、物を飾ったり、市販のボックスを組み合わせて収納スペースとして活用しています。

13枚の壁が立つ家の玄関

玄関前の手洗い場脇のスリットは、はしごをうまく使ってディスプレイ兼収納コーナーに。

13枚の壁が立つ家の窓

当初ロールスクリーンを設置する予定でしたが、外からの視線がさほど気にならないので、今は逆に見られることを意識して、いろいろなものを飾っているそうです。

 

一見デメリットにも思える変形地も、住宅設計と住む人の工夫によってメリットに変えることができるんですね。

いかがでしたか?

住まいの設計 創刊55周年記念号

住まいのことに興味がある方は「住まいの設計」もチェックしてみてくださいね。

 

撮影/川辺明伸

<設計データ>
設計/藤原・室 建築設計事務所 藤原慎太郎+室喜夫
主要用途/住宅
工法/木造軸組工法
敷地面積/101.17平米
床面積/100.19平米