故郷の両親の熱中症対策もOK!室温をスマホでチェックできる「ロボットセンサー」【Editor’sセレクション】

 

暮らしを豊かにするために欠かせないのが、インテリアや愛すべき雑貨たち。

このシリーズでは「Editor’s セレクション」と称して、曜日毎に違ったテーマで、編集部がグッと来たアイテムやブランドなどをご紹介していきます。

金曜は、【家電編】!

今回は、熱中症対策ができる「ロボットセンサー」をご紹介します。

 

■故郷で暮らすおじいちゃん、おばあちゃんの熱中症が心配方もこれで安心!

毎年、夏になると多く報道されるのが、熱中症のニュース。

特に高齢者は、温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。

対策としては、部屋の温度設定を気にすること、水分を取ることなどの他に、「周りの人が」気にかけるというのが大事になってくるようです。

しかし、故郷に暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいる方は、すぐに見にいくことができないので、心配ですよね。

そこで、電話などで連絡を取る手段の他に、部屋の温度をスマホに知らせてくれるロボットセンサ「部屋センサ」が7月中旬に発売予定です。


室内に設置した部屋センサが、部屋温度と湿度をもとに熱中症の警戒度をモニタし、警戒度が高くなるとロボットであるBOCCO(ボッコ)を通じてスマホに通知します。

たとえば湿度が75%と高い場合に気温28℃でも「厳重警戒」レベルとされています。

 

■専用アプリを使って、スマホで熱中症の危険度が確認できる!

部屋が熱中症の注意がいる暑さになったとき、部屋センサより「暑いです」などBOCCOアプリのチャットルームに通知され、熱中症の危険性を段階的にお知らせしてくれます。

また、部屋の照明がONとOFFなどでパッと明るくなったときに「明るくなりました」、暗くなったときに「暗くなりました」と通知してくれるので、照明のONとOFFが分かることで離れて暮らす家族の生活を見守ることができます。

離れて暮らすご家族の熱中症予防に役立てられるので、ぜひ今年の夏、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【部屋センサ】
■価格 3,980円(税抜)
■サイズ 34mm x 30mm x 68mm
■電源 単4電池2本
■電池寿命 1年程度(環境によって異なります)
■付属品 両面テープ、ストラップ、電池、マニュアル

 

【BOCCO(ボッコ)】
■価格:29,000円(税抜)
■付属品:ACアダプター/振動センサ/両面シール/センサーストラップ/単4電池 x2(振動センサ用)/取り扱い説明書
※使用にはWiFi環境が必要です。

 

【参考】

※ 今年の夏は、ロボットで熱中症対策!外出先から部屋の温度・湿度と照度がわかる「部屋センサ」<2017年7月中旬新発売>

※ 熱中症、こんな人は特に注意!「高齢者」