捨てる寸前の「空き瓶」がオシャレに変身!簡単すぎるリメイクを伝授

1832

かわいい形の空き瓶って、ついつい取っておきたくなりますよね。

一輪挿しや小物入れなど、ちょっとしたインテリアとして再利用している方も多いのでは?

最近では100円ショップでもおしゃれなガラス瓶が数多く並んでいて、人気商品となっています!

でもオシャレを目指して置いてみたものの、

  • 透明なので存在感がない
  • グリーンを活けたけど、根が透けて見た目が残念
  • 水垢が目立ってきた
  • 藻が生えてきた
  • なんだか飽きてきた……

なんて思ったことはありませんか?

しかし、ある一手間で劇的にオシャレに変身するんです! しかも、とっても簡単に!

そんなとっておきの方法をご紹介したいと思います。リメイク初心者にもオススメですよ~!

 

■1:道具は空き瓶とペンキだけ!

6B4E67A1-3F45-41B7-BE4C-E46FB60B9C57

使うものは空き瓶と好きな色のペンキだけ。ペンキの代わりにアクリル絵の具でも大丈夫です。ただし、サラサラしたタイプがおすすめです。

今回使ったのは100円ショップ「セリア」の水性ペンキです。このようなボトルタイプだと、口が小さな瓶でも注ぎやすく、手も汚れません。

ガラス瓶はきれいに洗って乾かしておいて下さい。しつこい水垢はそのままでも大丈夫!目立たなくなりますよ~。

 

■2:瓶にペンキを注ぐ

IMG_2829

瓶に水性ペンキを少しずつ流し入れます。多い方がムラなく均一に塗れますよ。

 

■3:全体に行きわたらせる

IMG_2831

ペンキをある程度流し入れたら、瓶を回転させたり傾けたりして全体に行きわたらせて下さい。

すき間なく全体が塗れたらOK。残ったペンキは取り出します。もしきれいに塗れない場合は、刷毛などを使ってすき間を埋めて下さいね。

 

■4:しっかり乾かす

IMG_2832

そのまま1~2日、しっかり乾かしてください。特に、口が細くて中が確認しにくい瓶などは長めに置いて下さいね。

このように、瓶の内側に塗ることで、ガラスのキラキラ感をそのまま生かすことができます。さらに、見えにくかった模様がくっきりと浮き上がって見え、存在感もアップしますよね~!

 

■5:完全に乾いたら完成!

IMG_2840

まるで別物のようにオシャレに生まれ変わりました!

これならグリーンを入れても、根っこや水垢が見えないので清潔感もありますよね。キッチンにも躊躇なく置くことができます。

 

慣れてきたら、あえて一部だけ塗ってみたり、削ってみたり、色を混ぜたりしても良さそう。アイデア次第で色々なアレンジができそうですね!

とっても簡単なので、ぜひお部屋に合ったオリジナルのガラス瓶を作ってみて下さいね!