最近増えているらしい「コラボ型マンション」って?実際にお邪魔してみた

標準装備されるスノーピークのアイテム

いつかはマンション購入を……と考えている人も多いのでは?

間取り、眺望、金額……選ぶポイントはたくさんあるけれど、正直どれもなんとなく一緒だなぁなんて思ったりしませんか?

ところが、最近は個性的な“コラボ型マンション”なるものが増えてきているらしいのです。

コラボって何? どんなマンションなの?

そこで今回は、アウトドアブランド「スノーピーク」とコラボしたというマンション「パークホームズ立川」のモデルルームにお邪魔してきました!

 

■アウトドアブランド「スノーピーク」とコラボ!

パークホームズ立川がコラボしたのは、アウトドアブランドの「スノーピーク」。分譲マンションとアウトドア……関係が見えてきませんが、どういうことなのでしょう?

 

■マンションでも「アウトドア」気分!

それは、モデルルームを見れば、一目瞭然でした。

パークホームズ立川の半ソト空間

“半ソト空間”と名付けられた1階住戸についてくる専用庭。これでだいたい25平米くらいあるそう。モデルルームは人工芝ですが、実際は天然芝なのだとか。

そこに、スノーピークのアウトドアアイテムが並びます。これらアウトドアアイテムが、無償で標準装備されるのだそう。

スタイルは「くつろぐ・食べる・寝る」の3つ。家のお庭でBBQを楽しんだり、テントで眠ったりなんて、一軒家じゃないと無理だと思っていました……。これは楽しそう!

キッチンから見た、ベランダ部分

日常の家から、一歩外に出れば、そこには非日常のアウトドア空間が待ってるなんて、ちょっとワクワクしますよね。

天井にはサンシェードをつるすためのフック

天井にはサンシェード用のフックや、屋外用のコンセント、水場なども用意されていて、“アウトドア”に適した仕様に。

都心型の暮らしはしたいけど、自然を感じていたい、アウトドアが大好き!といった家族にはピッタリですよね。

 

■広がる“コラボ型マンション”

こういった、異業種ブランドとのコラボは、最近広がっているよう。

青山フラワーマーケット×株式会社コスモスイニシア

青山フラワーマーケット×株式会社コスモスイニシア

最近では、大人気フラワーショップの「青山フラワーマーケット」や、セレクトショップ「DEAN&DELUCA」などのコラボマンションも話題となりました。

 

暮らし方、家族の在り方が多様化する中で、今や分譲マンションもその暮らし方や趣味嗜好に合わせて個性をもつ時代。

自分らしい暮らしを実現したい人は「コラボ型マンション」にも注目してみると、おもしろいかもしれませんよ。

 

【取材協力】

パークホームズ立川(リンク切れ)

 

【参考】

青山フラワーマーケットの空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」が”花や緑と共存するライフスタイル”を提案。新築分譲マンション『イニシア江古田』からスタート – 株式会社パーク・コーポレーション