親子の絆が深まった!? 今、話題の「東大ナゾトレ」に挑戦してみました!

 

毎週火曜の夜7時は、子どもたちがいつも楽しみにしている時間。

フジテレビ系列のクイズバラエティ『今夜はナゾトレ』が放映されるからです。

中でも「小学生でも解ける!東大ナゾトレ」は子どもたちが大好きな人気コーナー。

その「東大ナゾトレ」が書籍化されているのをご存知ですか?

筆者親子3人(母・長男小6・長女小39が『東大ナゾトレAnotherVisionからの挑戦状』に挑んだ様子をお伝えします。

 

■大人も子どもも関係なし!ヒラメキが大切な「東大ナゾトレ」は家族みんなで楽しめる

問題:「?」に入るアルファベットは何?(ノーヒントでの小学生正解率47%)

「あ、分かった!あのねー声に出して言ってみたらさー……」と、先にひらめいたのは3年生の娘でした。

「もう、うるさい!」

得意げに話しだす妹に腹を立て、兄が怒りをあらわにします(笑)。

本の構成は、まず「ノーヒント」で考えて、それでもわからなければページをめくり、少しずつヒントを得ていくというもの。

ヒントは3段階あって、徐々に「小学生正解率」も上がっていきます。

兄「あーわかったーKだ。これ逆に読むんだよー」

妹「わたしの方が、先にわかってたもん!」

兄「でも僕の方が先に言ったから勝ちー!」

妹「ママ~お兄ちゃんずるい~! ねーママったら~」

こんな感じで進行します……。

中にはヒントMAXでも全然わからなかったりして、しぶしぶ答えを見てみると「あぁ! そうか!」とスッキリできる面白さ。

問題が解けると答えを言いたくなって、ウズウズしちゃうのは母も同じです。

「ヒント出そうか?」なんて余計なことをすると子どもたちに怒られます。

親子で謎解きが止まりませんでした。

幼い子の方が頭が柔らかいのでしょうか? 正解率が一番高かったのは3年生の娘でした。

ちょっとムキになりながらも、親子で和気あいあいと謎解き問題を楽しめました。

 

■親子でぴったりくっついて本を読める、母はとても嬉しいぞ!

続いてチャレンジした問題はこちら。

問題:「AとBに反対の意味の言葉を入れて、文章を完成させてください。」(ノーヒントでの小学生正解率29%)

母「あーコレわかったかも」

妹「なにこれ、山?」

兄「ぜんぜんわからん……」

第2・第3のヒントを手で隠しながら問題を解きます。

兄「あ、分かった、これってさー」

母「いいからだまってて、この子がまだ考えてんでしょーが!」

妹「私もわかったよー、北って右だっけ?」

母・兄「……」、

感覚ではわかっていても、ある程度の知識がないと解けない問題もあるようです。

 

妹「あー、お日様は西に行くのかー」

ナゾトレ本はお勉強にもなって良いですね。

本をめくる筆者の脇に、子どもたちが寄り添って一緒に問題を解きます。

こんなにピッタリくっついて本を読むなんて、小さな頃に絵本を読んであげていた頃以来でしょうか?

6年生の長男は声変わりも始まって、筆者と並んで外を歩くことさえ「恥ずかしい」と言う年頃になりました。

「東京ナゾトレ」本のおかげで、久しぶりに息子とピッタリくっついて同じ時間を過ごせました。

とても幸せを感じる時間でした。単純に母は嬉しいかも……(笑)。

そして母の嬉しいポイントをもうひとつ。

「東大サークルAnotherVision」のセンターにいる松丸亮吾くんが、とにかくかわいいです。

息子もこんな風になってくれたらな……なんて少しだけ我が子を重ねながら松丸くんを眺めます。

問題ページにひとことコメント付きで、松丸くんがたくさん登場してきますのでここも要チェックですよ!

 

■携帯ゲームにも勝っちゃった!? 「東大ナゾトレ本」は小学生に大人気!!

子どもがお友達を家に呼んで遊んだ時のことです。

最近の子どもたちは携帯ゲーム遊びばかりで、母も嫌になっちゃいます。

すると娘の部屋に置いてある「東大ナゾトレ本」を見つけたお友達が、「これ知ってる!やろうやろう!」と大盛り上がり。

そこにいたお友達全員が「今夜はナゾトレ」を知っているようでした。ものすごい浸透率!

ヒラメキが大切なクイズなので、だれか一人だけ突出して問題が解けるという訳でもないようです。

その後、娘たちは携帯ゲームに目もくれず「東大ナゾトレ」に夢中の様子でした。

「これさー、第1巻て書いてあるけど、第2巻もあるの?」と突如娘がヒラメキを見せます。

『東大ナゾトレAnotherVisionからの挑戦状 第1巻』はこれまで「今夜はナゾトレ」で放送された第8回までの問題に、オリジナル問題を加えたものだそうです。

「第2巻も読みたーい」と娘。

第2巻からはぜひ、自分のお小遣いで買っていただきたいと思います(笑)

親子で真剣に楽しめて、お友達からも大好評の「東大ナゾトレ」。

子どもたちがヒマを持て余す夏休みにも大活躍しそうですね。

 

【参考】

『東大ナゾトレAnotherVisionからの挑戦状 第1巻』(扶桑社刊)