室外機の掃除やシーリングファン併用…。「エアコン」の効きがよくなる方法3つ【日刊Sumaiまとめ】

 

YNS / PIXTA

蒸し暑い日々が続き、すでにエアコンをつけているご家庭も多いのではないでしょうか。

何年も使うものなので、ニオイが気になる、効きが悪くなってきた……など問題も出てきますよね。

そこで、今回「日刊Sumai」でご紹介して人気の高かった、エアコンに関する記事をご紹介します。

 

■まずは、エアコンの掃除をしよう!

プロに依頼しなくてもOK!20分で終わる「エアコン掃除」の仕方


エアコンのフィルターには、ホコリが溜まりやすくなっています。

そんなホコリのついたエアコンは、風とともに菌やカビが吐き出していることもあります……。

フィルターに掃除機をかけて、水洗いするだけと、とっても簡単なのでオススメです!

もちろん本体や吹き出し口などの拭き掃除も忘れずに。

ちなみに、エアコンからニオイがしたら危険信号です。

エアコン内部まで掃除してくれるクリーニングを業者に依頼しましょう。

 

■エアコンの効きが悪いのは、本体ではなく「室外機」が原因の場合も!?

エアコンが効かない?それなら「室外機」を掃除してみて!温度を5度上げても涼しくなったワケ

H2O / PIXTA

エアコンの温度を下げても、なかなか涼しくならない……。

もしかしたら、室外機の汚れが原因かもしれません!

ここに汚れが溜まっていると、エアコンの効きが悪くなるのだそうです。

「フィン」と呼ばれる、裏側や側面の黒っぽいメッシュ状の部分と、室外機本体の汚れを、固く絞った雑巾を使ってできる限り落としたところ、

23度・強風設定にしても午後は暑かったのに、28度・弱風でも過ごせるようになったそう。

古いエアコンがどうも効かない、という場合、修理や買い替えを検討する前に、一度試してみましょう。

 

■電気代が減る!「シーリングファン」は単なるおしゃれ家電じゃなかった

エアコンの電気代が1割減!単なる“おしゃれ家電”じゃない「シーリングファン」を使う3つのメリット

天井の高い部屋やホテルで見かけることの多い「シーリングファン」。

シーリングファンは、室内の空気が大きく、ゆっくりと流れ、温度のムラを和らげてくれます。

エアコンとシーリングファンを併用すると冷暖房の効率が上がって、設定温度を1度以上抑えられるので、節約にもなるんです。

実は、シーリングファンは、天井の照明用の配線器具に簡単に取り付け・取り外しできるタイプも多数あるため、賃貸マンションでも取りつけられるんですよ!

正しくメンテナンスして、夏を快適に過ごしてくださいね!