少しの工夫で暖房効率UP!節約しながら温かい部屋にするテクニック集

冬の窓

mnstudio / PIXTA

少しずつ朝晩が肌寒くなるこの季節。そろそろ暖房器具が必要になってきます。

近年、灯油代も高くなってきているので出来るだけ節約しておきたいものですよね。少しずついろんな箇所を見直して、節約対策をおこなっていきましょう。そうすることで暖房効率もアップしますよ。

 

■暖房効果を高めるためには

結露した窓

house0402 / PIXTA

暖房効率を上げるには「温めた空気を逃がさない」ことと、「外から室内に冷気をいれないこと」が基本です。

冷気が入ってくる場所は窓ガラスや床下。ここからの冷気を防ぐと効率よく部屋を暖めることができます。

 

■窓ガラスのカーテンを見直す

窓ガラスの冷気を防ぐにはカーテンを厚手のものに交換しましょう。

カーテンをわざわざ用意するのが難しい場合は、カーテンレールの下に取り付けるビニール製の断熱用カーテンを取り付けても断熱効果があります。

カーテンよりも安価に購入でき、はさみで長さを調整出来るので、簡単で効果的です。

さくら / PIXTA

さくら / PIXTA

カーテンの長さにも気を配りましょう。

出来るだけすき間を防ぎたいので、裾を垂らすほど長めのものを使ってください。そうするとすき間がなくなり冷気が入りづらくなります。

フックのアジャスターの位置を変えると、少し裾の長さを変えることができますよ。

それでもすき間が出来るほどカーテンの裾が短い場合、冬場は別布を取り付けて対策しましょう。安全ピンや面ファスナーなどで固定すれば簡単に丈を調整できます。

他には断熱用窓シートやフィルムを貼って対策するのもいいでしょう。

 

■ドアのスキマを埋める

ドアや窓のすき間から冷気がはいってくる場合は市販のすき間テープを貼って対策しましょう。剥離紙をはがせばすぐ貼ることができます。

 

■二重窓を作る

大きな窓

Graphs / PIXTA

二重窓と聞くと、大掛かりなものをイメージするかもしれませんね。

実は、DIYで作る簡易窓のキットも販売されており、初心者の方でも比較的簡単に作業がおこなえるんですよ。

 

自分でプラスチック段ボールやチャンネルを使って作る方法は手間がかかりますが、安価に作ることができます。

筆者はお風呂場の窓に作り、寒くて大変だった冬場のお風呂が快適になりました。

 

■暖房器具はメンテナンスを!

埃や汚れがたまると暖房効率が悪くなり、故障の原因にもなります。フィルターなどの埃は掃除機などでこまめにきれいにしましょう。

kouchan / PIXTA

kouchan / PIXTA

石油ストーブの場合は反射板の掃除や燃焼芯のチェックをおこないましょう。

灯油は基本的にシーズン中に使い切ります。もし残ってしまった場合は灯油の色をチェックしましょう。少しでも色がついてしまっている場合はトラブルの原因になるので使わないようにしましょう。

 

寒くなってからでは、作業をするのも億劫になってしまいますよね。まだ少し肌寒いくらいの今のうちにやっておくと良いですよ。