30代主婦に聞きました!「ああ、家事代行サービスを利用したい…」と思うのはどんなとき?

 

kou / PIXTA

仕事には、決められた休日があります。

さらに指定された時間だけ働きあげれば、その他の時間は自由です。

しかし、家事には休日もなければ定時もありません。主婦業というのはとても大変ですよね。

24時間365日、家事から逃れることができないのですから……。

そして現代を生きる女性は、仕事と家事と子育てを同時にこなしている人も多いため、その負担は容易に想像がつきます。

実際、“家事代行”という仕事が存在するくらいですものね。

さて、多忙な毎日を送る主婦たちが家事代行サービスに頼りたい……と思うのは、どのような時なのでしょうか?

 

■こんなときは「家事代行サービス」を利用したくなる!

1:妊娠・出産時

mits / PIXTA

「身体が思うように動かないときは、利用したいと思う」(32歳/主婦歴4年)

 

2:家族が病気のとき

Satoshi KOHNO / PIXTA

「病気の人の世話をするだけで疲れるから、家事まで手がまわらない」(35歳/主婦歴6年)

 

3:仕事が忙しいとき

tomos / PIXTA

「会社の繁忙期は、正直家事まで手がまわらない」(33歳/主婦歴8年)

 

4:毎日の家事に疲れたとき

Graphs / PIXTA

「特に何かあるわけではなくても、毎日家事に追われるというのは、けっこう苦痛だから」(31歳/主婦歴10年)

毎日慌ただく過ごしていると、心と身体と時間に余裕がなくなってきます。

でも、両親や夫にも頼れない……そんな葛藤の積み重ねを感じたときに、家事代行サービスに頼りたくなることが多いようです。

 

■実際に「家事代行サービス」を利用した主婦の声を聞いてみました!

プラナ / PIXTA

「私が利用した会社は1時間4,000円くらいでした。食事の支度をお願いしましたが、とても手際良く、しかも美味しく作っていってくれました。

その間に急ぎの仕事を終わらせることもできましたし、とても頼りになる主婦の味方って感じでしたね」(30歳/主婦歴2年)

インターネットで探してみると、1時間3,000円くらいで引き受けてくれるところもありました。

依頼するときには、口コミなどを参考にして信頼できると思えるところに頼みたいものですね。

今回筆者は家事の負担について既婚男性にも話を聞いてみたのですが、どうやら彼らは家事がそこまで大変だとは思っていないようです。

中には、掃除機や洗濯機のおかげで、昔よりも家事は楽になっているはずだと考えている人もいました。

いくら掃除機や洗濯機があるとはいえ、それらもやはり誰かが手をかけてやらなければ動きません。

主婦歴の長い短い、効率の良い悪いにかかわらず、どうしたって家事には膨大な時間と労力がかかるもの。

残念ながら男女の意見はなかなか平行線上を抜け出せそうにありませんが、

ストレスや不満が爆発して大規模な夫婦喧嘩に発展するくらいなら、たまには家事のストレスから解放されるのもアリなのだと思います。