クローゼットに憧れの「壁面収納」をDIYする方法・2 DIYの前にやるべき準備3つ

 

KWphoto / PIXTA

前回、人気の壁面収納についてオススメの理由やデメリットについて書きましたが、造作すればスタイリッシュで思い通りの便利な収納ができあがるというものではありません。

壁面収納を作る作業よりも大事なのが、“何を・どれだけ・使いやすくしまうか”を決めることです。

言わずもがなですが、いくらショップのような壁面収納をクローゼット内に作っても、使いやすくなければ維持できません。

不要な衣類、着れなくなった衣類など、何の意味もないモノを除外しなければ使いやすくなるはずがありませんよね。

今回は、壁面収納をDIYする前にやるべき超大事な3つの準備について書いていきます。

 

※ 【クローゼットに憧れの「壁面収納」をDIYする方法・1】の記事を読む

 

■準備1:クローゼットの中の衣類をすべて出して床に広げる

bee / PIXTA

まず最初にクローゼットの中の衣類をすべて出して、床に広げます。

そして、以下の3つをチェックします。

・このスペースに必要なモノか
・過去1年間で着たモノか
・まだ着られる状態のモノか(サイズや色あせなど)

意外に、なぜここに?ってモノもあったりするものです。また、気に入っていても着られない状態のモノは「飾り」にもなりません。

ハル / PIXTA

そのようなものは、オークションやフリマに出すか、誰かに譲ってしまいましょう。

 

■準備2:使いやすく収納できる量になるよう、クローゼット内をデザインする

M・O / PIXTA

収納はどれだけ詰め込んで入れても平気だと考えてしまいがち。

しかし、詰め込む量よりも、毎日出し入れするような衣類をいかに使いやすく出し入れすることができるかが一番大切です。

衣類の収納方法は概ね以下の方法に分かれます。

・ハンガーに掛ける
・平置き
・細長く丸める

今回、筆者宅ではモノの量を加味し、ハンガーに干した洗濯ものをそのまま収納できるというメリットと、ショップのように全体が見渡せるデザインを採用することにしました。

そして、夫婦で以下のような収納方法を決めました。

・夫:シャツ・Tシャツ類→ハンガー掛け、ズボン類→平置き
・妻:すべて平置き

手順1で選んだモノと、ご自身の好きなスタイルでどうするか決めましょう。

量が多ければ細長く丸めて詰める方法が良いですし、それほど量がないなら平置きがしまいやすいですね。

また、多くの方が収納スペースを増やそうとしますが、それだとモノが増える一方になり、部屋も狭くなるので、オススメしません。

 

■準備3:「ガチャ柱」or「ダボレール」?造作収納の種類を決める!

造作した筆者宅の「ガチャ柱」収納

壁面収納のつくり方として「棚柱(ガチャ柱)」と「ダボレール」があります。

「ガチャ柱」は、最低2本以上のレールを1つの壁に取り付け、L字のアームで棚板を支えます。

「ダボレール」は、向かい合う壁にそれぞれ2本ずつのレールを取り付けて、棚板を支えます。

一般的に建売住宅などで備え付けされることが多い「ダボレール」は耐荷重があります。

しかし、比較的横幅が長い収納場所であれば適当な長さで自由に棚板を組める「ガチャ柱」がオススメです。

筆者宅では「ガチャ柱」を採用しました。

また、今回は作りませんが、賃貸などにお住いで壁に直接「柱」をつけたくない場合でも、

「ディアウォール」という柱を作るグッズを使えば、どちらの壁面収納もほとんどの場所に傷つけることなく取り付けられます。

kou / PIXTA

いかがでしたか? ご自分に合った収納がイメージできましたか?

次回は実際に「ガチャ柱」を作る手順を書いていきます。

ぜひ理想の壁面収納を作る参考にしてくださいね!