「築50年・バス便・エレベーター無」の三重苦でもすぐ入居者が決まった理由【団地リノベ完成しました!】

 

筆者は、自宅とする狭小木造平屋を購入し、1年以上に及ぶ断捨離を乗り越え、リノベと引越しをしました。

おかげさまで旧宅は無事に賃貸が決まり、ほぼ片付いた新居には友人を招いたりしながら、大型犬と快適な毎日を送っています。

しかし、またまたリノベ熱が復活。

築45年の団地を購入+リノベして、気に入ってくれた人に貸したい……と、様々な方に助けていただきながら、

夫と力を合わせて、セルフリノベも取り入れつつ、なんとか理想の住まいを作り上げることができました。

 

※ 再び…団地リノベ始めます!今までの記事 を見てみる

 

今回の団地リノベ、工事後にも大きなミッションがありました。

そのミッションとは、「借りてくれる人を見つけること」。果たしてどんな結果に……?

 

■「築50年・バス便・エレベーター無」の三重苦!?

この団地、一般的なお部屋探しのサイトで検索したら「築50年・バス便・エレベーター無」の三重苦で即、候補から落とされてしまいそうな物件です。

そこで筆者は、何か特徴のある物件だけ掲載する不動産サイトに募集を依頼しました。いわば「お部屋のセレクトショップ」です。

写真と概要を送り、掲載の可否結果を待ちます。

掲載可となれば、担当者が撮影に現地を訪れ、数字では表せない物件のポイントや欠点等もサイト上で紹介してくれるのです。

今回、2社にお願いしましたが、どちらも団地の持つ魅力や、窓から見える景色の良さを丁寧にリライトしてくださいました。

 

■待望の申込キターー!(笑)

それでもある程度の時間はかかると覚悟していたのですが……、

すぐに数件の内覧希望が入り、掲載からほぼ1週間で、値引き交渉無しの申し込みをいただくことができたのです!

これには私も夫もびっくり。トントン拍子に契約へと進んでいきました。

さて、「セレクトショップ的不動産会社」では、賃貸人(大家)と賃借人(入居者)が一同に介して契約を交わすことが基本です。

今後のためには大いに望むところなのですが、実は筆者側でちょっと困った事情がありました。

それは、飼い犬が退院したてで、家を1時間もあけられないという状況だったのです。

そこで、今回決めていただいたR-STOREさんにお願いし、なんと筆者の自宅に集まってもらうことに。

はじめてお会いする入居者さんは、とても優しい感じの方で、うちの大型犬にも近寄って頭を撫でてくれる程の動物好きだったのです。

しかも同居する猫はペットショップではなく保護シェルターからと聞き「ああ、この方に借りていただいて本当に良かった!」と心から思いました。

これからのお付き合いが楽しみです。

 

■都下の団地に訪問者が続々と…

もう少し続きがあります。

ビフォアを見てくれた団地リノベの先輩知人達は工事後も訪れてくれました。

そればかりではありません。

今までこの連載やSNSで経過を読んで興味を持ってくださった多くの人達が現地へ足を運び、団地の魅力を感じ取っていただけたようです。

プランや仕様の説明をする筆者

 

■すべてが一段落して思うこと

今では入居者さんの引っ越しも無事終わり、我が家は作業のない週末を取り戻していますが、ちょっぴり「団地ロス」状態です(笑)。

当初は「またリノベしたい!」「家賃が入れば家計も助かる」程度の気持ちに過ぎませんでしたが……。

豊かな緑や花の中に佇む環境に魅了されるうちに、リノベする室内も

「すべて新品に交換する等のやり過ぎをしない」「主役はあくまで環境、そして住む人であって、部屋は脇役」といった方向性が確立していきました。

その一方で、集合住宅の管理の難しさ・建物の維持、修繕の大切さも大いに学びました。

団地の管理組合はじめ近隣の方々、工務店、職人さん、不動産会社さん、友人知人の皆さんには、本当に心から感謝しています。

これで連載は終了ですが、筆者と夫は既に、またリノベができる機会を待ち望んでいます。

何故なら、素敵な出逢いや繋がりがどんどん増えるから。

その機会が訪れた時、またお会いしましょう!