これはまだ着る?もう着ない?「洋服整理」で迷わない、3つの判別法

20151104ohki1

衣替えや大掃除でクローゼットを見直す機会が多いこの季節。整理しようと思って着ていない洋服を分けてみたのはいいけれど、

「まだ着れるかも」「また流行(はや)るかも」「高かったから」

などと迷って結局クローゼットに戻す……なんて経験、ありませんか?

そんな経験ある方、必見!

洋服整理で迷ったら、まずはこの3つをやってみてください。

 

■1:迷ったら、まずは着てみよう!

20151104ohki1

先シーズンも来なかったし、今シーズンも着るかどうかわからない。だけど捨てられない!という洋服があったら、まずは着てみましょう!

今の自分にサイズは合っていますか? 色は似合っていますか? デザインは?

年齢と共に、似合うものは変わっていくものです。また時代によってデザインやシルエットも異なります。着てみて違和感があったら、それはもう着ない洋服ですよ!

 

■2:着て「外出する」勇気、ある?

着てみたけれど、どうだろう? まだ迷っているのなら、その洋服を着て外出できるか考えてみてください。

「外に出るには流行遅れで恥ずかしい」「劣化が激しく恥ずかしい」

恥ずかしいと感じる洋服は普段着としても手に取らない可能性大! 潔く処分するなりリサイクルに出すなりしても良いのでは?

 

■3:見える場所に、見えるようにまとめる

20151104ohki2

すぐに処分するのを迷っている洋服は、半透明のゴミ袋にまとめてよく目につく場所に置いてみましょう。リビングの出入り口や、玄関などがオススメです。

クローゼットの洋服の数が減ると、目的のものが見つけやすく取り出しやすくなります。快適な使い心地を体験することで、不要な洋服を整理しようという気持ちが後押しされます。

また、視界に入っているにも関わらず、クローゼットが快適に使えているとしたら、それはもうあなたにとって必要のない洋服ということ。半透明のゴミ袋ごと、潔くお別れしましょう!

 

どれも簡単にできることなので、洋服を整理していて迷ったらまずは実践してみてください!

選びやすくて取り出しやすい、快適なクローゼットを目指しましょうね。