電子レンジが故障!約半年過ごして分かったレンジなしで“できること”&“不便なこと”

 

Rostislav Sedlacek / PIXTA

それは突然やってきました。

いつもと同じように温め直しをしていたら、いきなり電子レンジが停止! エラーコードを見ると致命的な基盤の故障とのこと。

購入後5年半で訪れた早い別れでした。

オーブン機能に解凍機能、パンなんてあっという間にトーストできちゃう機種、揚げ物も焼き魚もお任せなスチーム機能付きで、大変重宝していました。

しかも、食べ盛りの中学生男子が2人いる我が家。

電子レンジがない生活なんて考えられない!というほどレンジに依存した生活でしたが、お値段もなかなか高額のためすぐ買いに行く気にもなれず……。

そのまま数日過ごしていたら、なんとなく電子レンジなしでも生活できたんです。だったら、いっそのこと、手放してみることにしました!!

そして気がつけば5か月。約半年たったことになります。

今回は電子レンジがなくても他のアイテムで「できること」と、やっぱり「不便だったこと」をまとめてみました。

 

■レンジなしでできること1:おかずの温めは「フライパン」でOK!

xiangtao / PIXTA

同時に食べない家族の分のおかずは、フライパンに残しておき、食べる時に弱火で加熱すればいいんです。

焦げそうな時は少量の水を入れて加熱すればOK!

煮る、焼く、蒸す、炒める、ほとんどの調理は、フライパンで温め直しができちゃうんです。

これならば、電子レンジがなくても大丈夫です。

 

■レンジなしでできること2:ご飯ものの温めには「炊飯器」もフル活用!

チャーハンやチキンライスを作った時は、炊飯器に入れて保温スイッチをオン

これだけで、いつでもでき立てのようにふっくら温かなご飯を食べることができますよ。

motoko / PIXTA

 

■レンジなしでできること3:「パン」「お餅」「お魚」も、フライパンがあればなんでも焼ける!

パンは表裏15秒ずつフライパンで焼けばこんがりトーストに!

しかも電子レンジやトースターを使って焼いていた時とは比べ物にならないほど早いので時短につながります。

お餅はクッキングシートを敷いたフライパンでゆっくり焼いていきます。

和尚 / PIXTA

お魚はこんがり焼いたら少量の水をたらして蓋をして蒸し焼きにします。

すると中身はふっくら、外は香ばしい焼き魚があっという間にでき上がります!

 

■レンジなしでできること4:「お弁当のおかず」は、温めが必要ないものをチョイス!

couzuki / PIXTA

毎日、子ども2人分のお弁当を作っている筆者。

おかずのメインは、冷凍食品に頼っていました。

もちろん、今でも冷凍食品を使っていますが、最近は「自然解凍OK」なものがたくさんあるので、電子レンジがなくても大丈夫です。

冷凍庫から出してそのままお弁当へ詰めるのでとってもラク! 冷ます時間もかからないから時短にもなりますよ。

 

■レンジがなくて不便なこと1:オーブン料理ができない!

gontabunta / PIXTA

電子レンジがなくなって一番困ったことは、オーブン料理ができないことです。

年に数回焼いていたパウンドケーキが焼けなくなり、グラタンも焼けなくなりました。

現在は、グラタンはフライパンで作るレシピを見ながらチャレンジ中です。

 

レンジがなくて不便なこと■2:すぐに解凍できない!

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

次に不便なことは、すぐに解凍できないことです。

ですので、冷凍したものは前もって、計画的に解凍しておく必要があります。

これだけは、どうしても時間を要してしまいそうですね。

dorry / PIXTA

冷凍ご飯をパッと温めることができなくなったので、筆者宅ではなるべく食べ残さないよう量を調整して炊くようになりました。

それがかえって、家計の節約につながりました。

電子レンジがなくなった筆者宅のキッチン

少なからずできないことがあるものの、工夫すれば電子レンジがなくても調理ってできちゃうんだと気付きました!

逆にどれだけ電子レンジに依存してたんだと深く反省。電気代の節約にもつながっています。

また調理以外で良かったのは、大きな電子レンジがなくなったことでキッチン周りが劇的にスッキリしたことです。

作業スペースが大幅に増えて見た目も良くなったので、当分はこの快適な空間を維持するべく電子レンジなしの生活を続けてみようと思います!