無印のコンテナが想像以上に大活躍!快適サニタリーのつくり方【ネットで見つけた私らしい暮らし】

 

我が家は52平米とコンパクトなので、洗濯機、トイレ、洗面台がひとつの空間にギュッとまとまっています。photo koji yamada

アパレルでディスプレイ担当(ウィンドウや店内の装飾)をしているeiriyです。

2年前に都内で築45年超のヴィンテージマンションを購入し、現在は夫・娘(1歳)と3人で暮らしています。

中途半端にリフォームされていない、いわゆる現況物件を購入し、フルリノベーションしました。

この連載では、自宅のリノベーションについてご紹介していきます。

※ 【ネットで見つけた、私らしい暮らし】今までのシリーズを見てみる

今回は、サニタリーの収納をご紹介したいと思います。

 

■造り付け収納は最低限に。収納グッズをうまく組み合わせて快適に!


リノベーションをするにあたり、サニタリー内の収納はIKEAのミラー収納とオープン棚を3か所、と最低限にしました。

毎日使う化粧品などの細々したモノ、夫のシェーバー等はIKEAのミラー収納の中に。

IKEAのミラー収納の中はこんな感じです

上部3段には無印良品のポリプロピレン製のペンシルスタンドと綿棒ケースを並べてメイク用品、ヘアバンド、ヘアピンなど種類別に分けて入れています。

下から2段目のシェーバーは充電器ごと横にしたらピッタリ収まりました。

 

■オープン棚・その1 大人用のタオルラックとしてホテルライクに

普段使いのバスタオルはここに。夫婦で各2枚で回しています。

ホテルみたいでお気に入りです。子供のタオルは現在は洗濯機上のカゴで管理しています。
輪になった部分を手前にしておくとホテルライクに。
 

■オープン棚・その2 ワイヤーラックに入れてハンドタオルなどを収納

ハンドタオルやトイレットペーパーをワイヤーラックに入れて置いています。

ホコリも気になる所ですが、タオルの使用頻度が高いので気にはしていません。

トイレ上は扉付きの収納にしても良かったのですが、なんせ天井が低いことや梁の位置の関係で棚だけにしました。

見た目も軽くなって良かったと思っています。

 

■オープン棚・その3 カゴを活用して子供のタオルやバスローブなどを収納

カゴを置いて子供のタオルやバスローブなどを収納。

洗濯機に直接置いているカゴには洗濯用のハンガー類を。

デリケートな素材の洋服は、洗ったらこの場所でハンガーに掛けて、浴室で乾燥させます。

タオル類はそのまま乾燥まで行います。

 

■無印良品のコンテナは子ども用のスツールにもなって大活躍!

洗面ボウルの下には、収納を作りませんでした。

代わりに無印良品のコンテナを2つ置いています。

写真の真ん中あたり、洗面ボールとトイレの間にできたスペースにはこれまた無印良品のストッカーがはまりました。

ヘアブラシ、ドライヤー、洗剤類を収納しています。

コンテナの中にはストック類、普段使わない化粧品グッズ、トラベルグッズなどを収納しています。

ちなみにこのコンテナはアウトドアでも使え、スツールにもなり、フタを閉めた状態で100kgまで耐えられます。

最近、手洗いをするようになった娘用の踏み台に重宝しています。

想定外でしたが、このコンテナを置いて良かった点の1つです。

 

■見せる収納はデザインの良いものをチョイス

普段使いの洗濯洗剤は統一したボトルに詰め替えて見せる収納を。

忙しい朝でもワンアクションでさっと使えて便利です。

洗濯機横のスペースを生かして棚を付けて並べています。

でも、洗剤の詰め替えパックとボトルの容量が合わずに余ってしまう時ありますよね。

その為にストック用の詰め替えボトルも購入しました。

洗面ボウル横に置いている無印良品のストッカーのサイズにもぴったりです。

引出した時にわかりやすいよう上部にラベリングしています。

 

■すきま時間で掃除ができる工夫も

普段日中は不在しているので、リビングはルンバで掃除をしています。

ルンバだけではサニタリーまで掃除が行き届かず、掃除機をかけられるのは週末だけ。

ちょっとしたすきま時間を見つけては、お掃除ワイパーでホコリや髪の毛を掃除しています。

浴室に換気扇があり、空気がサニタリーに流れ込む仕組みなので、結構なホコリがたまります(汗)。

コードレス掃除機も欲しいなと思う今日この頃。

お掃除ワイパーはストッカーに立て掛けて収納。

フックに掛けて収納しようと思いつつもすぐ掃除できるこのスタイルが最適なようです。

いかがでしたでしょうか。参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。