100均でカフェアイテムがつくれる!マルチに使える「ドリッパースタンド」をDIY

 

カフェにある「ドリッパースタンド」。レトロな雰囲気があって、オシャレですよね。

家のキッチンにあればいいなあと思うけど、なんか高そう……。

そんな方は、100円ショップで揃うアイテムで「ドリッパースタンド」を作ってみませんか?

そうなんです、100均アイテムだけで作れるんですよ。

しかも、一つスタンドを作ると3度おいしい!

つまり、コーヒードリップをする以外に2つの用途があるので、コーヒーをあまり飲まない方にもオススメです。

今回は、その作り方をご紹介しましょう。

 

■「工作材」「アイアンバー」など、材料は100均アイテムばかり

材料は、以下になります。

  • セリアの板 12cm幅
  • アイアンバー 2本
  • ねじ8個
  • ダイソーの工作材(30mm×30mm×15mm)16個
  • ボンド
  • ニス
  • 塗料
  • はけ
  • 塗料の入れ物
  • クッキングペーパーなど

ほとんどが100均アイテムなので、すぐに手に入るものばかりです。

では、工程順に作り方をご紹介しましょう。

 

■工程1:素早くはけを動かすのがコツ!「セリアのニス」を板に塗る

まず「セリアのニス(ウォールナット)」で板を塗ります。

サッサッと、素早くはけを動かした方が、色がむらになりにくいです。

塗装をする際、ちいさいものならクッキングペーパーを下に敷くと便利です。

クッキングペーパーなら身近にありますし、このまま捨てられるので片付けも楽ちんです。

 

■工程2:今回は2色テイストに!「工作材」すべてに塗料を塗る

次に、側板となる「工作材」に塗料を塗ります。

今回はブラウンとホワイトの2色にしました。

2色に塗った工作材を8個ずつ、ボンドで貼ります。これで側板のできあがりです。

 

■工程3:「アイアンバー」の位置には要注意!板にバーを設置

今度は、底板となる「12cm幅の板」と「側板」を貼るのですが、「アイアンバー」のサイズに多少のばらつきがあるので、バーを一度置いて位置を確認します。

位置が決まったら、底板と側板をボンドで接着します。

最後にアイアンバーを乗せてねじでとめます。

アイアンバーにはネジが付属しておらず、別途購入が必要なので、簡単に仕上げたい方には接着剤もオススメです。

ネジ仕上げをお好みの方は、ネジの頭のサイズが3~3.5mm、長さ10mm程度のタイプがいいと思います。

なぜなら、あまり長いネジを使うと工作材が割れてしまう可能性があるからです。

ご覧のように、あっという間に完成です!

最大3つのマグカップを並べることができます。

 

■玄関にも置いてもおしゃれ!「スリッパスタンド」としても使える

普段はコーヒーは飲まないので……という方にオススメの使い方があります。

「ドリッパースタンド」は、スリッパを収納するスタンドにもなるんです!

かわいいスリッパなら、並べて置きたくなりますね。

ご覧のように3~4足は収納できますので、ぜひお試しください。

 

■「ブックスタンド」として、雑誌や子どもの絵本など大型本も置ける

もうひとつ、このような使い方はいかがでしょう。「ブックスタンド」です!

大きめの雑誌も、上の写真のように立てて置くことができます。

読みかけの雑誌や、お子さんの絵本などを置くのもいいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

お子様一緒にと作って、“カフェごっこ”もいいかもしれませんよ!

簡単な工程ばかりでなので、低学年のお子様でも十分一緒に作れると思います。

ぜひやってみてくださいね。