【困った時のDIY】ガラスが割れたら…「危険を防ぐ」正しい片付け方

割れたガラスと空

smuki / PIXTA

家の中には、ガラスアイテムがいっぱい。うっかりしてる間に、「パリンッ……」とやってしまうこと、ありませんか?

もし、ガラス製品や窓ガラスが割れてしまったら……。処理を間違えるとケガにつながりかねません。慌てないで応急処理を施しましょう。

 

■まずは、子どもとペットを避難

リビングではいはいする赤ちゃん

【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA

窓ガラスやガラス製品が割れてしまったら、まずはお子さんやペットがその周囲に近づかないようにしましょう。

細かい破片は、思っている以上に遠くまで散らばってしまっている可能性があります。できれば、その部屋に入らないようにしてあげましょう。

 

■ガラス処理の準備

冬用のルームシューズ

Graphs / PIXTA

ご自身が怪我をしないように、スリッパと厚手のゴム手袋を用意します。素足や素手で拾うのは危ないのでやめてください。

集めたガラスを入れるための空き缶や段ボール箱を用意します。段ボールの場合は、内側から細かい破片が落ちないように粘着テープでとめておきます。

 

■「割れたガラス」の集め方

まずは、大きい破片を拾います。ゴム手袋をはめて怪我をしないように気をつけてくださいね。

細かい破片を掃除機で吸う時は、そのままガラスの破片を吸い込まないように。故障の原因となります。

掃除機の吸い込み部分に、ストッキングのつま先部分を二重に重ねて、輪ゴムでしっかりとめます。ストッキングをつけた状態で細かいガラス破片を吸い取り、空き缶(またはダンボール)の上で掃除機のスイッチを切ると、細かい破片が落ちてくれます。

ガラス片が広範囲に飛散している可能性もあるので、周辺を念入りに掃除しましょう。その後は濡れ雑巾でしっかり拭いてください。

 

■「窓ガラス」が割れた場合

割れた窓ガラス

ガードナー / PIXTA

窓枠に残ったガラスは、危険なので無理に取ってはいけません。

もし簡単に取れるようなら、必ず“窓枠上部“から取り除きます。もし上からガラスが落ちてきたら大変危険です。絶対に窓枠の中に身体を入れないで下さい。

ガラスにヒビが入っている場合は、窓枠から粘着テープを貼って仮止めをしておきましょう。

窓枠にゴミ袋や段ボールを粘着テープで貼りつけて、応急処置をします。後はガラス専門業者に任せましょう。

 

■割れたガラスの処理

窓ガラスの場合は専門業者が交換時に大抵引き取ってくれます。依頼する時に確認してみましょう。

ガラス製品の場合は自治体の指示に従って捨てるようにしてください。誰が見てもわかるように「割れもの注意」と書いておきましょうね。

 

処理の仕方を間違えると、大きなケガにも繋がる割れガラス。自分だけでなく、大切な家族を守るためにも、注意深く行うようにしましょうね。