忙しい共働き主婦に聞きました! 買ってよかったお助け家電ベスト4

 

夫婦共働きが当たり前になってきても、家事は女性の仕事という考え方がまだまだ一般的のような気がします。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

でも、働いていると、蓄積された疲労や突然の残業などにより、思うように家事が進まなかったりすることも多々あると思います。

そんな環境の中、メインで家事を行う主婦たちのストレスを解消する“本当に欲しいお助け家電”とはどのようなものなのでしょうか?

そこで、共働き世帯の主婦たちに、どんなお助け家電が欲しいかをリサーチしてみました。

 

■1・物を出しっぱなしにしない習慣もついて一石二鳥!? 「お掃除ロボット」

chesky / PIXTA(ピクスタ)

「勝手に掃除をしておいてくれるのは助かる! どうしても、掃除が嫌いなので……」(32歳/フルタイム)

掃除が嫌いだと、掃除機をかけるちょっとの手間でさえ億劫に感じてしまうもの。実際に買ってみて、使った感想がこちら。

「物が散乱していると意味がないので、はなから散らかさないように習慣付いたこともメリットでした!」

床がキレイになるだけでなく、物を出しっぱなしにしないから部屋がいつも片付いているという利点もあるなんて、一石二鳥ですね!

 

■2・掃除のスキルが上がり負担が減った!「コードレス掃除機」

「コードがあるタイプのものよりも、手軽に掃除機をかけられるので良いと思う!」 (34歳/パート)

コードレスタイプの掃除機は、溜まったゴミの処理も簡単ですし、手軽に掃除ができるイメージがありますよね。

購入後の話では「満タンに充電していても、比較的、稼働時間が短いため効率的に掃除機をかけるようになった。

ダラダラと時間を使うことがなくなったので、掃除のスキルが上がり負担が減った気がする!」とのことでした。

結果的に時短に繋がるのは、時間に追われることの多い主婦にとってはありがたいですね!

 

■3・雨の日も、夜の洗濯も安心!「ドラム式洗濯乾燥機」

「低身長なので、タテ型のタイプは奥まで手を伸ばさないといけなくて使いにくい」 (31歳/フルタイム)

低身長の女性にとっては、タテ型の洗濯機から洗濯物を取り出すのはけっこう重労働なんです。

以上の理由からドラム式に変えたところ「タテ型の乾燥機能よりも、ドラム式の方が乾燥機能が使えることが判明!

時間がなくて夜に洗濯することが多いし、最近は夜に雨が降ることも多いので困っていたけど、

ドラム式洗濯機の乾燥機能のおかげでその悩みもなくなった!」とのことでした。

期待以上の使い勝手のようです。

 

■4・心理的な負担まで軽減!?「食器洗い乾燥機」

「食器洗いがキライなので、毎日の食器洗いがかなり苦痛! これがあれば、もっと早く寝られると思う」 (35歳/フルタイム)

夜の洗い物って、すごく面倒くさいですよね。

でも翌朝シンクな溜まっているのを見るのは嫌だし……。

実際に買ってみた感想は

「予洗いだけで済むので簡単! これまでは時間がなくてシンクを洗うのをサボっていたけど、

今はシンクを磨く時間が確保できるようになった! そのため、以前よりもキッチンがピカピカの状態をキープできているのが目に見えてわかって嬉しい」

とのことでした。

シンクまで掃除しても、以前より時短になっているそうです。

心理的な負担が減り、かつ今まで以上の状態をキープできるなんて最高ですね!

 

■苦手な家事をフォローしてもらいたい人多数!

saki / PIXTA(ピクスタ)

リサーチしてみると、ただ「便利だから欲しい!」ということだけでなく、苦手な家事のジャンルによって欲しい家電が違うようでした。

得意なジャンルの家事ならば、少ない時間でもパパッとやり繰りができるのですが、苦手なジャンルの家事だと、なかなかそういうわけにはいきません。

そこをフォローしてもらいたいと思っている主婦がほとんどでした。

さて、皆さまはどのようなお助け家電が欲しいですか?