もはやプチ革命!? 我が家史上最も使いやすい11歳の息子のクローゼットとは?

 

衣類の収納、どうされていますか?

きちんと大きさをそろえて、衣類をたたんで引き出しにずらっと立てて並べる……、気持ちいいですね。

スペースを有効に使えて、たっぷり収納できます。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

でも、たたむのって正直大変じゃないですか?

筆者の息子が服を取り出した後は、引き出しの中がぐちゃっとしています。

大人なら、服を取り出す際に、ちょっと気を付けてまわりの衣類が飛び出さないようにできますが、子どもにはちょっとハードルが高いようです。

筆者は早朝勤務のため、11歳の息子は朝はほぼ毎日一人で支度をして学校に出かけます。

years / PIXTA(ピクスタ)

どうにか朝の支度がスムーズにいくように……といろいろ工夫をしてきました。

子どもが1人で支度ができるように環境を整え、またメンテナンスもラクにしたい。

そこで、親もちょっとラクできるようにとクローゼットをプチ革命。

我が家史上、一番使いやすい息子のクローゼットをご紹介します。

 

■スペースを有効に使うのは、詰め込むことじゃない!

がらんとした息子のクローゼット。

IKEAのPAXに、ドアをつけずに使っています。

息子の衣類をすべて一か所に集めて、ぎっしりと服を詰め込んでいたときは、ぐちゃぐちゃになるので定期的に筆者が整頓していました。

奥の方のスペースも活用して収納していたのに、ついつい前の方にある服だけを着ていたり。

たくさん服があるのに、着たい服が見つからなかったり。

思い切って「毎日着る普段着」だけをここに収納しました。

そして、服を買いすぎずに、少ない服を着倒すつもりで!

Rm。 / PIXTA(ピクスタ)

クローゼットにぎゅうぎゅうにつめこまずに、スペースにゆとりを持たせています。

朝、息子がここに立ったときに、どの服にするか選びやすいのです。

ハンガーを移動するだけで、クローゼット全体が見えます。パンツもつるしています。

服を取り出してみて、「やっぱりやめた!」とたたまずにその辺におくことがなくなりました。

時々仕事が忙しくて洗濯物がたまってしまうと、クローゼットの中の服が少なくなり息子から「洗濯して!」と催促されることがあります。

HRK / PIXTA(ピクスタ)

ドアがないので、服がよく目に入るためとても便利です。

 

■衣類をたたむのをやめたら…いいことずくめだった

筆者の家では、洗濯機のタイマー設定を利用して家族の誰かが帰るころに、洗濯が終了するようにしています。

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

一番早く家に帰る人が、衣類を乾燥機にかけます。

乾燥機が終わったら、家族それぞれが自分の衣類を片づけます。

息子はそのとき、Tシャツやパンツをハンガーにかけて自分のクローゼットにしまいます。

ハンガーにかけて、つるすだけなので、あっという間に完了です。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

夏の間は、衣類を外か室内に干しているのでTシャツはハンガーにかけて干して、そのままクローゼットへ。

息子がたたむのは、靴下、下着、体操服、パジャマです。

服のシワも防ぐことができますし、洗濯後の片付けが時短できます。

 

■体操服やプール関係のものなど、必要なものをまとめてざっくり収納

下着や体操服はIKEAのプラスチック製の引き出しに、ざっくりと収納しています。

靴下や下着は、並べて収納する必要はなく、靴下はかごに放り込むだけ。下着は、重ねて収納しています。

ここは体操服の引き出し。体操袋や、プールで使うものなどもここに収納しています。

必要なものをまとめているので、並べずに重ねて収納しても全く問題ありません。

いかがでしたか。

衣類をたたんで並べて収納するのをやめたら、いいことばかり。

すっきり片付き、家事も時短できるクローゼット。

ぜひ、試してみてください。