正しい除菌法から意外な使い方まで。「スポンジ」とうまく付き合う方法3つ【日刊Sumaiまとめ】

 

1日に何度も使う食器洗いスポンジ。

正しい除菌方法や交換時期があるのをご存知ですか?

「日刊Sumai」で人気の高かったスポンジに関する記事を3つご紹介します。

 

■正しいやり方知ってる!? スポンジの除菌方法

食器洗いのついでに…じゃダメだった!「スポンジ除菌」の正しいやり方


「スポンジの除菌もできます!」と書いてある、“台所用洗剤”

なんとなく「食器を洗うついでに、スポンジも除菌もできている」とイメージしていませんか?

実は、スポンジをキレイに洗い、よく絞った後、約8mlの原液をつけ、まんべんなく浸透させ次に使用するまで置いておく(某食器用洗剤メーカーの使用方法)。

これが正しい除菌方法だったんです!

また、スポンジは月に1回程度交換することが理想とされているので、除菌もしつつ交換もしましょう。

 

■隠れたヒット商品!無印良品のスポンジ

無印良品の隠れたヒット商品!「食器洗いスポンジ」のスゴさを徹底レビュー!

無印良品の隠れたヒット商品、「ウレタンフォーム三層スポンジ」(価格/150円・税込、サイズ/幅 約6cm×奥行 約12cm×高さ 約3.5cm)をご存知ですか?

1番の人気の理由は、食器洗いスポンジではなかなか見掛けないシンプルなホワイトカラー。

カラフルな食器洗いスポンジが多い中、こちらはあまり目立たずインテリアの邪魔をしないのが嬉しいですね。

ウレタンフォームはとても水切れがよく、スポンジを早く乾燥させる効果があります。

また、使っているうちに段々黄ばんでくるので替え時がわかりやすいのも嬉しいポイント。

 

■食器洗い以外にも使い道があるスポンジ

子どもの靴、植木鉢、ペット…こんなに使えるの!?「食器用スポンジ」の意外な活用法4つ

キッチンには必須アイテムの「スポンジ」を、“食器洗い以外”で活用する方法もあるんです!

たとえば、ちょっと大きめの子どもの靴

そこで、スポンジを切って靴のつま先に入れておくと、子どももより快適に靴を履くことができます。

また、植木鉢の底に土を入れる前に、濡らしたスポンジを置くのもオススメ。

スポンジが底にあることで、毎回水やりをするたびにスポンジが余分なお水を吸収するので、鉢の中の水分を長くキープしてくれます。

 

いかがでしたか。

毎日使うものだからこそ、使い勝手のいいものを選んで、キレイな状態をキープしたいものですね。