えっ、ツリーがない?「0円」でクリスマスツリーは作れる!

Alena Ozerova / shutterstock

Alena Ozerova / shutterstock

いよいよ、来週はクリスマス!

もう、クリスマスの準備は終わりましたか?

他の多くの欧米諸国と同じようにメキシコでも、クリスマスは1年の中で最も重要なお祝いになります。

ほとんどのお家がクリスマスツリーを飾りますが、ツリーのタイプもそれぞれ。

本物のモミの木や、プラスチックのツリー、それに、手作りでツリーを作っちゃう人も!

そこで今回は、日本でもできちゃう手作りツリーのアイデアをご紹介しましょう。「0円」でできちゃいますよ!

 

■拾ってきた「木の枝」を飾りつけて、クリスマスツリーに!

クリスマスツリーがなくたっていいんです。

Alexandru Nika / shutterstock

お庭や公園から木の枝を見つけてきて、それをクリスマスツリーに変身させましょう。

小さい枝でも、飾りつけ次第でセンスのあるクリスマスツリーにすることができます。

ポイントは、飾りつけるオーナメントの大きさ。

こじんまりした木に大き目のオーナメントをつけてもアンバランスになってしまいますし、大きな木に小さなオーナメントでは、スカスカで寂しい雰囲気になってしまいます。

飾りつけは木の大きさとのバランスを考えて選びましょう。小さい枝なら、写真のように手持ちのピアスを引っ掛けてもかわいいですね。

Maria Komar / shutterstock

Maria Komar / shutterstock

大きい枝なら、シルバーやゴールドの華やかなクリスマスのリボンでツリー全体を巻いてもいいし、小さいリボンをたくさん作って枝に可愛らしく飾ってもよし。

枝を自立させるには、小さなものであればフラワーベースに、大きなものなら、鉢に石などを詰めて、真ん中に差し込みます。これで、簡単に立たせることができますよ。

 

■白いクリスマスツリーで大人っぽく

ツリーといえばグリーンが一般的ですが、お店や街中で見る白いクリスマスツリーって素敵ですよね。

Khomulo Anna / shutterstock

Khomulo Anna / shutterstock

市販の白いクリスマスツリーを探すのは大変ですが、拾った枝であれば、油性の白いスプレーペイントで塗ってしまえばOK。

木が白なので、ライトやオーナメントは紫や青がよく合います。

色がごちゃごちゃしないように、ライトの色とオーナメントの色を同系色にするのも重要なポイントです。

オーナメントは、統一感が大事。色やテイスト、大きさなど、統一感がなければなんとなくまとまりのないツリーになってしまいます。

可愛いから!と片っ端から飾らずに、自分がどのようなスタイルのツリーにしたいのかよく考えてから選ぶようにしましょうね。

 

まだクリスマスツリーを飾れていないという人や、ツリーを持っていないという人、今週末は公園に枝を拾いに、行ってみてはいかがですか?