失敗しない!5ステップでわかる「IKEAの生木ツリー」の買い方

151119-3

今年もいよいよ発売になったIKEAの本物のモミの木ツリー。筆者も発売日当日に、早速ストアに買いに行ってきました!

「今年はぜひ買ってみたい!」という方のためにIKEAのツリーの買い方を最新情報を交えてわかりやすくお教えます。

 

■1:軍手やゴム手袋、ハサミを忘れずに!

モミの木は葉がわりと鋭いので、素手で掴むと結構痛いんです。事前に軍手や厚手のゴム手袋などを用意しておくといいですよ。

151119-2

また、ツリーは紐で縛られた状態で並んでいるので、購入前に枝ぶりをしっかりと確認したいという方はハサミを忘れずに。

ハサミがあればスピーディーに紐を切れるので、枝のボリュームや全体のバランスをチェックするのがラクになります。

 

■2:ストアに着いたらまずはレジへ!

ツリーを選ぶ前にしなくてはならないこと、それはお会計です。

151119-1

ツリーの代金を支払うと、レシートと一緒に「ツリー購入証明書」がもらえます。これはツリーを持ち帰る際にも必ず必要になるので、絶対に無くさないようにしてくださいね。

今年初めてIKEAでツリーを買うという方は、お会計時に「クリスマスツリースタンド」(2,000円)も一緒に購入を。このツリースタンドがないと、ツリーを飾ることができません。

 

■3:ツリーに触れて観察してみよう!

年によってバラつきはあるものの、ツリーの高さはだいたい100~150cm。山積みされているツリーの中から、部屋の大きさやライフスタイルに合あったものを探しましょう。

151119-3

生木なので、当然ながら品質には差があります。枝が多くボリュームがあるものもあれば、小さいけれど全体のバランスはよいというものも……。

葉の色も薄かったり、濃かったりとそれぞれ微妙に違います。まずはいろいろなツリーを見て、自分にはどんなツリーがよいのかを見極めましょう。

 

■4:ツリー選びのチェックポイント

6年連続でIKEAの生木ツリーを購入している筆者。

過去には「今年選んだツリーは失敗だった!」という年もありました。そんな苦い経験も持つ筆者だからお伝えできるツリー選びのチェックポイントがこちら。

(1)幹がまっすぐに伸びているか

幹がまっすぐに伸びていないと、どんなにオシャレにデコレーションをしても、どうも格好が悪いのです。これはマストで確認してほしい項目です!

(2)葉が乾燥していないか

葉が乾燥していると、葉が落ちるスピードも早いんです。クリスマス本番を迎える前に葉が落ちてしまうなんてことは悲しすぎるので、潤いがあるものを選んでください。

(3)全体のバランスがよいか

下の方は枝が密集していてボリュームがあるけれど、上の方はスカスカなんていう木もあります。枝が均一でないと、オーナメントを飾る場所も偏ってしまうのでご注意を。

 

■5:ツリーが決まったら持ち帰る準備を

ストア内に新聞紙や紐が用意されているので、それを使ってツリーを持ち帰る用意をしましょう。

ツリーの梱包が終わったら、会計時に渡された「ツリー購入証明書」を必ずストアスタッフに見せてください。

151119-4

スタッフに「ツリー購入証明書」にチェックを入れてもらって、お買い物は終了です!

本物のモミの木だからこそ、形や大きさ、品質がひとつひとつ違います。条件の良いツリーから順に売れていってしまうので、なるべく早めに来店にして購入するのがオススメ。

土日は混雑が予想されるので、ゆっくり見たい方は平日に、土日しか行けないという方は比較的早い時間に行くとよいでしょう。

ツリーを持ち運ぶ時に枝を傷めたり、葉が落ちてしまったりする可能性もあるので、できれば車で行くのがベストです。

 

次回は生木の飾り付けをしていきましょう。