孤独死は人ごとじゃなかった!? 大家さんが入る孤独死保険って?

 

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

赤城啓昭さんの著書『子供に迷惑をかけないお葬式の教科書』(扶桑社刊)を読んだのがキッカケで、

40代以上は他人事じゃない!? 秋の夜長、増加する中年の「孤独死」について考えてみた!」を執筆した筆者。

先の記事では、孤独死=自分の場合についてしか、考えておりませんでした。

死んだ方は灰になるだけですけど、アパートなんかで亡くなられた日にゃ、大家さんにとっては、不謹慎ながらも大迷惑なのですね。

思い至りませんでした……。

mits / PIXTA(ピクスタ)

産経新聞のインターネットの記事を読んだところ、自殺や孤独死に対応する保険というものが存在すると知りました。

この保険、もちろん、孤独死した人のためのものではありません。

孤独死されたアパートなどの家主さんのための保険なのです。

 

■賃貸住宅のオーナーには他人事ではなかった「孤独死」問題

ヤマさん / PIXTA(ピクスタ)

その保険の名称は「無縁社会のお守り」。

アイアル少額短期保険株式会社という、少額短期保険なるものを扱う会社の商品のようです。

どういうものかと言いますと、アパートやマンションなどの賃貸住宅で、「孤独死」「自殺」「殺人事件」などが発生した場合に、

大家さんに負担がかかる原状回復費(賃貸人の居室内での死亡による部屋の掃除・リフォームにかかる費用は高額!)、

事故後の空室賃貸(死亡による家賃の未納・事故物件のため借り手がつかない期間の、家賃の補償!)

の損失額をカバーしてくれる保険、とのことです。

ABC / PIXTA(ピクスタ) ※写真はイメージです

月額保険料は、1戸室300円なり。

原状回復費用の補償が100万円、家賃保証が200万円。

どちらも、1事故の限度額です。

まさに、無縁社会におけるお守り(大家さんの)のような保険ですね。

 

■少額短期保険会社とは?

生命保険会社、損害保険会社に続いて発足した第三の保険会社です。(平成18年4月の保険業法改正にて)

その名の通り、保険金額が「少額」で、保険期間が「短期」の保険商品しか取り扱えませんが、

その分リーズナブルでシンプルな保険商品が多数存在します。

また、損害保険と生命保険の双方を取り扱えるのが特長の1つです。

(おてがるミニ保険.COMのホームページより)

nobu2000 / PIXTA(ピクスタ)

さらに調べてみたところ、三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険では、賃貸用物件の火災保険につける特約というかたちで、

孤独死や自殺などによるオーナー(=大家さん)の損害額を補償する保険を扱っているようです。

販売開始後、2ヵ月あまりで5万件突破!

などといったプレスリリースがありました。

まさかの「どんだけ〜!? 」です。

筆者が知らないだけで、「孤独死」はメジャーなテーマだったりして!?

 

■「おひとり様ご案内〜!」安心して旅立つための備えとは!?

ゆ~や / PIXTA(ピクスタ)

一方、おひとり様で、近い将来孤独死するかもしれないと不安をお持ちの方、

50歳から89歳まで加入できる短期少額保険の死亡保険がありました。

よかった〜!

孤独死などで亡くなると、自治体などから姪や甥、その子供たちといった3親等・4親等の親族に、

死亡によってかかった費用の請求がされる場合があるんだとか。

天涯孤独でない限り、死後、誰かしらに尻拭いをしてもらうことになりますから、

立つ鳥跡を濁さずがモットーの筆者なんかには最適かもしれません。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

短期で少額な保険のため、糖尿病などの持病があっても加入できるそうです。

例えば保険金額60万円の場合、掛け金は月々418円。

死亡保険金は、最高90万円です。

一般社団法人 日本少額短期保険協会の発表した「孤独死の現状レポート」(2016年3月)によると、

孤独死者の平均年齢は男性59.7歳、女性57.8歳と平均寿命よりもかなり若くなっており(男性で20歳、女性で29歳)、

孤独死者のうち約3割の方が60歳未満の現役世代であることが特徴です。

(エクセルエイド少額短期保険株式会社のホームページより)

同僚が、「介護って給料が安いし、歳をとったらどうなるんだろう?」と嘆いていました。

amadank / PIXTA(ピクスタ)

ハローワークの求人情報などで調べたところ、地方では、介護職の給料(正社員の場合)と他業種の給料の差は、ほぼなきに等しいのですが、そんなことより、不摂生の限りを尽くしているその同僚に「あんたの場合、老後より「孤独死」だろう!」と突っ込まざるをえません。

歳をとっても、健康で元気なら働く機会が多々あるだろうし、悲観するだけムダというものです。

後は野となれ山となれ

ちょっと違うか?

athushi / PIXTA(ピクスタ)

先ごろ、筆者が勤務する会社の系列の介護施設内で、入居者がひとり病死されました。

家族が遠方にいるためご臨終に間に合わず、夜勤の介護職員の手を握りながら息を引きとったそうです。

その話を聞いた筆者は、我が家でひとり咳をしながら(タバコの吸いすぎです)、

ちょっとしんみりとしてしまった秋の夜長なのでした。

 

【参考】
※ 孤独死、不妊、痴漢、知的障害…「こんな保険があったら」少額短期保険に存在感(産経新聞)

※ おてがるミニ保険.COM

※ 無縁社会のお守り(アイアル少額短期保険株式会社

※ Re-Room(e-Net少額短期保険株式会社)

※ オーナーズプロテクター(少額短期保険ハウスガード株式会社)

※ エクセルエイドの普通保険ミニ(エクセルエイド少額短期保険株式会社)