ベーシックすぎるのに効果大!月1万円多く貯金できるようになった食費節約法って?

 

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

節約をして、少しでも貯金にまわしたい!そう思っている人は多いと思います。

ちなみに個人的な話ですが、筆者は結婚式を控えているため、少しでも多くの貯金をしたいんです。

それはもう切実に!

もちろん、毎月の貯金額を決めておく方法は実践しています。

しかし、それだけではなかなか貯金は増えません。

そこで、日々の食費を見直すことにしたんです。

ぼけん / PIXTA(ピクスタ)

すると、意外と見直せることが発覚。実は使いすぎている可能性も……!? ということに気付きました。

ocsa / PIXTA(ピクスタ)

筆者は、まずはいただいたお給料から水道光熱費などの固定費と貯蓄分を抜き、月の食費を4万円に設定していました。

そこからさらに1万円くらいの貯金ができたらいいのではないかと思い、食費の見直しをすることにしました。

すると、かなりのムダがあったようで……2ヶ月連続で1万5千円、3ヶ月目は5千円ほど削減できました。

しかし、無理をしては続きませんから、無理のない範囲で目標を達成することがマストだと思います。

 

■食費を削る我が家の5ヶ条とは?

【その1 まとめ買いはマスト!】

kou / PIXTA(ピクスタ)

その日に食べたいものを、その都度買いに行くと、それだけで食費がかさみます。

買い物に行った日に安い食材をまとめ買いしておくと、結果的に月の食費を安く済ませることができます。

さらに、買い足しは週に1~2回までと決めておくと良いと思います。

 

【その2 お肉は種類を選んで!】

KY / PIXTA(ピクスタ)

お肉は、比較的安い価格のものをチョイスするようにして節約しました。

牛肉よりも豚肉、バラ肉などといった感じで買い物をするイメージです。

微々たる額ではありますが、確実に節約することができます。

 

【その3 目当てのコーナー以外には立ち入らない!】

wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)

筆者はお菓子が大好きなので、見ると欲しくなってしまうんです。

だから、あえてスーパーのお菓子コーナーは見ないことにしました。

他にも、見ると欲しくなってしまうコーナーには立ち入らないように徹底しました。

 

【その4 安売りやセールにまどわされない!】

Sergiy Tryapitsyn / PIXTA(ピクスタ)

まだ家にあるのに、大量にストックするのはあまりスマートではありません。

買い置きをしすぎると、ストックがあることを忘れたりもするので……。

整理収納アドバイザーの資格試験勉強時にも、実はこれと同様の内容を勉強します。

それを思い出して実践してみると、やはりムダがあったのだと実感しました。

 

その5 スーパーでの滞在時間を減らす!

Masson / PIXTA(ピクスタ)

買いたいものをカゴに入れたら、とにかくさっさと帰るように徹底しました。

スーパーに滞在すればするだけ買い物量が増えやすくなります。

あれもこれもと買わないようにするためには、効果的だと思いますよ。

 

いかがでしたか?

節約は、無理をしすぎると続きません。

しかし、見直せるところは定期的に見直してみることをオススメします!