ちいさな子どもがいても大丈夫!安心・安全な「クリスマスオーナメント」の選び方

赤いフェルトのクリスマスオーナメント

images72 / shutterstock

乳幼児がいるファミリーでは、子どものいたずらや誤飲誤食を防ぐ意味でも、住まいに何かを飾ってアクセントをつけたくてもなかなか実現できないもの。

そして、ママ(パパ)の自分好みのインテリアコーディネートにしたくても、「最悪な事態」を想定しているので、どうしても子どもの目線のコーディネイトになりがちです。

でも、インテリアを彩るアイテムを、子どもが触っても安心で安全な素材を選ぶと、自分たちの理想のインテリアコーディネートへ近づけることもできます。ママもその点では、“ストレスフリー”に。

今、クリスマス準備の時期ということなので、乳幼児を中心とした子育てファミリーへのお勧めのクリスマスオーナメントの素材について紹介します。

 

■1:子どもがいるクリスマスオーナメントの選び方のポイント

小学校に入る前の子どもは好奇心旺盛のあまり、あらゆる素材のものに興味を示します。

それが「成長の証」の一つではありますが、親が目を離すと、ものを投げつけたり、壊したりする恐れもあります。

ここで筆者がお勧めしたいオーナメントは、万が一の場合に備えて、割れやすいものを極力避けて、素材を“柔らかいもの”で揃えること。

そうすることによって、ママも子どもが何かしても神経質にならずに済みます。

それに加えて、素材だけでなく、色彩も豊かなものを選ぶと“クリスマスらしさ”が出ます。

 

■2:素材別・クリスマスオーナメントの特徴

(1)フェルト

クリスマス飾り1

 

赤ちゃんのおもちゃでもフェルト素材のもの多く出回っています。縫製などがきちんとしていれば、あまり型崩れもせず、末永く使えると思います。

 

(2)毛糸

P1010962

定番の毛糸で編まれた靴下はクリスマスの雰囲気を醸し出してします。

日本のクリスマスは冬ということで、毛糸を使ったオーナメントも季節感を出すのにピッタリな素材ですね。クリスマスツリーの緑でも、際立つ赤などの暖色系のカラーを選ぶと良いです。

 

(3)ペーパー類

P1010966

学校行事でも登場するじゃばら状のペーパーの花に代表されるように、最近、ペーパー系のオーナメントもたくさん出回っています。扱いも非常にシンプルという点で、ママたちも何かと助かるのではないでしょうか。

カラーバリエーションも豊富なので、好みでカラーを選ぶことができ、想像力が膨らみます。女の子がいるファミリーにはお勧めですね。

 

先に紹介した素材を使ったクリスマスオーナメントはホームセンターや100均などで、扱っています。

また、クリスマス用のお菓子セットにも、オーナメントがついている場合もありますので、フル活用してみて。

小さな子どもがいても、クリスマスやインテリアを諦めたくない人はぜひチェックしてみてくださいね。