キッチンの袋モノ、どうしてる? 100均の「キッチン消耗品収納ケース」が超使える!

 

細かいことまで何でも気になるA型気質に、こだわりの強さがプラスされたちょっと厄介な家づくりマニアのこだわりAママです。

昨年、白を基調とした輸入住宅を建築しました。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

フレンチカントリーでオシャレな家づくりを目指す普通の主婦が、実体験から学んだマイホーム建築に関するあれこれやインテリア、DIYなどの工夫をご紹介します!

キッチン周りは使用頻度が高く収納する物が多い為、どうしても雑多になりがちではないでしょうか?

今回は筆者も愛用中の簡単、便利に収納を見直しできる100均のキッチン消耗品収納ケースをご紹介致します!

 

■セリアやキャンドゥの「キッチン消耗品収納ケース」が超優秀!

サイズはMサイズとSサイズ、色はホワイトとブラックの2色展開です。

お値段はもちろん税込み108円。

ポリプロピレン素材の為、濡れた手で触ったり、汚れが付いても拭くだけのお手入れで大丈夫なところも嬉しいポイントです。

筆者宅ではホワイトのMサイズを主に使用しておりますが、収納する中身や場所に応じてお好きな物をお選びください。

 

■見えない場所だから…とパッケージごと商品を収納するのはNG!

キッチン周りでよく使用するものとしては、ジップロックなどの食品保存袋や

ビニール袋、ゴミ袋、水切りネット、ゴム手袋などたくさんの種類があります。

これらの商品が元々入っていた箱や袋のパッケージごと引き出しなどに収納したとします。

そうすると、様々な物に紛れて、実際に使いたい時にどこにあるのかわからなくなったり、

すぐに袋から取り出せずに時間がかかってしまいイライラ……なんて経験はないですか?

収納内の見えない場所だとしても、大小様々な形状&色合いの袋や箱が並んでいると、

ごちゃごちゃしていて見た目が悪いだけでなく、無駄な隙間が出来て収納の効率が悪くなってしまいます。

 

■使い方はとても簡単!構造は単純だけどなかなか便利です!

そんなストレスを解消するのがこの収納ケースです!

中身のセット方法はとても簡単で、基本的に中身を2つ折りにしてケースに入れるだけです。

厚紙を2つ折りにして中身の間に挟むとケースにセットしやすくておススメです!

ケースを統一するだけで、中身もわかりやすくなり、コンパクトで省スペース化に成功。

見た目もスッキリしました!

簡単に一枚ずつ中身が取り出せるのでストレスがなく、時短にもつながります。

マスキングテープやラベルシールなどで自作のラベルを作ってケースに貼れば、

オリジナリティーも出せて中身がわかりやすくなるのでおススメですよ!

100均アイテムを使ったお手軽なキッチン収納の見直し、皆さんも気軽に試してみてくださいね!