藤井聡太四段も体験した!モンテッソーリ教育の魅力と、日常生活における取り入れ方とは?

 

話題の若手棋士・藤井聡太四段が幼少期に学んだことで、いま注目されている「モンテッソーリ教育」

幼少期の発達が著しい頭脳にメリットを与える要素を盛り込んでいるとのこと。

そこで、モンテッソーリ教育に関心を抱く人が増え、メディアでも取り上げられるようになりました。

では、モンテッソーリ教育というものがどのようなものであるか、ご紹介します。

 

■子どもの「自立」をサポートする、「モンテッソーリ教育」とは?

「モンテッソーリ教育」は、マリア・モンテッソーリというイタリアの初の女医が考案した教育法です。

タカス / PIXTA(ピクスタ)

カラフルな積み木やカード、布などの道具を使いながら、手先をはじめとする身体全体の発達を促すのが特徴の一つです。

もともとは、知的障がい者向けの「自立」や「自発」を促すためのプログラム。

その後、貧困層の健常者の子ども向け施設「子どもの家」を設立することで、そのメソッドが確立されました。

そして、欧米を中心にモンテッソーリ教育が浸透し、今に至っています。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 

■モンテッソーリ教育の5つのコンセプトについて

モンテッソーリ教育は、「子どもが自ら考え、行動できる」よう、次の5つのことをコンセプトにしています。

1・日常生活の練習

洋服を着る脱ぐ、皿を洗うなどといった日常的行動を自分で最初から最後までできるようにします。

nashie / PIXTA(ピクスタ)

 

2・感覚教育

「同じ、違う」「大きい、小さい」などのモノの感覚を目や手で確かめることを促します。

また、物事の段取りについても考える力を養います。

 

3・言語教育

文字カードや絵カートを活用しながら、語彙力を高め、そこから「話す、書く、読む」ことにつなげていきます。

 

4・算数教育

数字カードや棒(=小学生の算数セットのようなもの)を使って、数や量の「概念」を獲得します。

遥花 / PIXTA(ピクスタ)

5・文化教育

昔から受け継がれた習慣や文化を知ったり、身近なものに触れたりして、自分を取り巻く「文化」を認識します。

 

■国内でモンテッソーリ教育を学べる施設は?

shimanto / PIXTA(ピクスタ)

国内でモンテッソーリ教育を学べる施設やスクールは主に次の3か所です。

・モンテッソーリ教育をベースにした保育園や幼稚園(※自治体の認可園)

 

・モンテッソーリ子どもの家

モンテッソーリ教育の専門的知識を学んだ教員が主体。保育園や幼稚園に相当するもの、中には自治体の無認可施設もあり。

 

・モンテッソーリ教育を導入したお教室

海外ではモンテッソーリ教育をベースにした小中学校も存在していますが、日本の場合、未就学児向けの施設がほとんどです。

保育園や幼稚園、子どもの家は半日、または1日中モンテッソーリ教育に基づいた内容を学びます。おけいこ、教室によってはお受験要素が強い場合も。

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

お教室の場合、週に1~2回といった頻度になり、と時間数も短くなります。

定期的に説明会や見学会を開催している園やスクールもありますので、公式のホームページで確認してみてくだい。

 

■日常生活で取り入れられるモンテッソーリについて

モンテッソーリ教育に興味を抱いている方でも「通える範囲内で施設教室がない」「学べる時間があまりない」といった各家庭の事情があると思います。

ですが、モンテッソーリのメソッドを日常生活でも取り入れられる要素があるんですよ。その例を2つほどご紹介します。

・コップに水を注ぐ動作

jazzman / PIXTA(ピクスタ)

子どもが牛乳や水などを「注ぐ」ことにより、どのくらいでこぼれるか、といった量や重さの感覚を子ども自身に体感させます。

 

・ものを所定の場所にきちんと置く、片付ける習慣

普段使い、大きいもの……などに分けて、しまう場所を「見える化」することにより、自分で「片付づける」意欲がわきます。

ただし、家でモンテッソーリメソッドの空間を作るには、子どもが使いやすいサイズにしないと、「自分がやる」という意欲が高まらない。

そのため、子どもの手が届くように棚を設定するなどの工夫が必要です。

 

■低コストでできる!遊びながら学ぶ!簡単なモンテッソーリグッズ

家にあるものや100均アイテムでも、モンテッソーリのグッズができます。2点ほどご紹介します。

・紐使い

ボードはボール紙に穴あけパンチで使って作ったものです

スムーズに蝶々結びができるようになるためのトレーニンググッズです。

紐をボードの下から上、上から下へ通すので、お裁縫のトレーニングにもなるでしょう。

ボードの穴が多ければ多いほど、楽しみも広がります。

 

・組み紙

ベースとなる紙に2cm位の切り込みを入れます。※端は切り込みを入れません。

組み紙は、複数のカラーのハーモニーが楽しめます。

2cm間隔で切り込みを入れた紙(画像・左参照)に、2cmの短冊状に切った別のカラーの紙(画像・中央と右参照)を格子状になるように組み込みます。

お裁縫の波縫い感覚で、作り上げます。

幼児期に手先を巧みに動かす遊びをしておくと、論理的に「考える」力が養われ、将来の「選択肢」も広がるかもしれません。

ぜひ、日々の暮らしに、「モンテッソーリ教育」のメソッドを採り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ モンテッソーリ通信

※ 日本モンテッソーリ教育綜合研究所

※ モンテッソーリ教具をお手頃価格で販売するショップ「モンテママのたからもの」