「薬を牛乳で飲む」といい理由がある!? 意外と知らない「正しい薬の飲み方」とは

Kris_Tan / PIXTA

スプーンに乗った薬とカプセル

急な寒暖の差に、体調を崩したり、崩しがちになっている人も多いのではないでしょうか?

そんな時に頼りになるのが、内服薬。

自慢じゃないですが、筆者はすぐに“薬に頼っちゃう”タイプの人間。

写真 2015-11-26 7 58 30

「食前または食間」というのが、いつのことなのか分からない。「お茶で飲む」はOKなの?

よく、内服薬のCMで「ピンポーン、用法用量はよく守って」なんてアナウンスがありますが、ふと何気なく薬の「用法・用量」見てみると、ここに書いてある事を守れているかどうか自信がない……。

そこで、「正しい薬の飲み方」を調べるとともに、薬剤師にポイントを聞いてみました。

 

■正しく分かってる?「食後」「食前」「食間」

薬をもらうと必ず書いてあるのが、薬を飲むタイミング。

「食後」「食間」「食前」「頓服」などがありますが、具体的にはいつ飲めばいいか分かっていますか?

白い錠剤と内服薬袋

freeangle / PIXTA(

まずは、1番多い「食後」。「食後」とは食事が終わって20〜30分後まで。胃の中に食べ物がある状態で飲むので、胃への刺激が少なくなります。

次に「食前」。これは食事の直前ではなく、20〜30分前のこと。食べ物や胃酸の影響を受けたくない薬に多いそう。(食事の直前に飲んでました……)

「食間」は、食事の途中……ではなく、食事と食事の間という意味で、食事を終えてから約2時間後が目安。空腹時に飲むと吸収が良い薬がこれに当てはまります。

 

■食事の時間が一定でないなら、「食前・食後」をあえて無視する

しかし、これらは食事の時間が一定な人向け。

副作用や吸収度の違い、そして「食事を目安にすれば、飲み忘れが防げる」という目的から、このような指示になっていることが多いのだそう。

時には食事の時間がズレたり、食べるヒマがなくて薬も飲めなかった……ということもありますよね。

そういった時は、「食前」「食後」といった指定にこだわらず、「◯時間おきに飲む」とするのも1つの手。

クラッカーやクッキー1枚だけでも胃に入れてから薬を飲めば、食後に近い状態になり、胃の保護にも繋がります。

 

■水で飲むのは「薬の効果を出しやすくする」ため

筆者がよくやりがちなのが、水がなくて適当に手元にある水分で薬を飲んでしまったり(コーヒーで飲むことが多い!)、ツバを溜めて錠剤を一気に飲んでしまうこと。

しかしもちろん、これもダメ!

そのまま飲んでしまうと、薬が胃の中で溶けにくくなり、効き目が遅くなったり、低下するのです。水と一緒に薬を飲むことで、胃の中で水に溶け、吸収されやすい形になります。

薬とコップに入った水

cba / PIXTA

また、水以外の飲み物で飲むことは、薬の効果を変化させてしまったり、副作用を強くしてしまうこともあります。

薬の中にカフェインが含まれていれば、コーヒーでの服用はカフェイン過剰摂取の可能性も。コレステロールや血圧の薬は、グレープフルーツジュースで強く副作用が出ることもあります。基本的には水で飲むようにして。

お茶は、鉄剤以外は神経質になることはないそう。昔は「貧血用の鉄剤は、お茶で飲むな」とも言われたそうですが、最近では薬も進歩し、普段家庭で飲んでいるくらいの緑茶なら、それほど神経質になることはありません。

 

■「牛乳」と一緒に飲むメリット・デメリット

コップに注いだ牛乳

kaka / PIXTA

「牛乳」もなんとなく、薬と一緒に飲むのは控えたほうが良さそうですよね?

しかし、ビックリ!

製薬会社のエーザイは自身のHPで、薬の種類によっては牛乳と一緒に飲んだほうが効果が高い、と説明しています。

 

・「鎮痛剤、非ステロイド性消炎鎮痛薬」は、メリットあり!

鎮痛剤は、副作用として胃を荒らすことがあるので、胃の弱い人の中には鎮痛剤を飲むと、かならず胃が痛くなるという人がいます。そのような人は、副作用対策として、牛乳といっしょに飲んでみるとよいでしょう。

「非ステロイド性消炎鎮痛薬」のインドメタシンファルネシルという薬物は脂溶性が高く、血液中に移行するためには胆汁が必要で、牛乳を一緒に飲むと吸収がよくなり、効き目もよくなります。

食事を抜く場合や、どうしても食事が取れない場合には、牛乳1本程度を飲んでから、薬を飲むとよいでしょう。

 

「抗生物質、抗菌剤(グリセオフルビン)、下剤(コーラック)」はデメリット

牛乳は胃の中で一部の薬の吸収を阻害してしまうので、いっしょに飲んではいけない薬に、一部の抗菌剤(グリセオフルビン)と脂溶性の下剤(コーラック)があります。

牛乳と一緒に飲んではいけない薬は、一部の「抗生物質」です。(中略)テトラサイクリンという抗生物質は、牛乳といっしょに飲むと薬の成分が牛乳のカルシウムと結合して、吸収が非常に悪くなってしまいます。

 

意外なこのテクニックを確認するべく、薬剤師に「牛乳で薬を飲むこと」を聞いてみると、「もともと薬は牛乳で飲むように作られていないので、素人がむやみやたらに牛乳で飲むのはやめておいたほうがいい」とのこと。

頭の片隅に置いておくに留めておいたほうが良さそうです。

 

毎日元気に過ごすことがもちろん大切ですが、もし少し調子が悪いな……と思った時は、正しく薬を飲んで、しっかりと休養をとってくださいね。

 

【参考】

食前・食間・食後について – 中外製薬

内服剤の正しい飲み方 – 日本OTC医薬品協会(リンク切れ)

薬の飲みかたで効き目は異なるのでしょうか – エーザイ株式会社