閉じ込められる事故も!子どもに教えておきたい「宅配ボックス」危険ポイント

 

Graphs / PIXTA

ネット通販による荷物の急増や宅配ドライバーの人員不足で、宅配業界の悲鳴が多く聞こえて来ています。

そのような現状のなか、「再配達」を減らすため注目を集めているのが、荷物を受け取る「宅配ボックス」。

便利な「宅配ボックス」ですが、子どもたちにとっては危険を秘めていることをご存知でしょうか?

今回は、今後増えるであろう宅配ボックスの事故と、その防止法についてのお話です。

 

■「宅配ボックス」に子どもが閉じ込められる事故も発生!

ABC / PIXTA

賃貸を含む新築マンションでは、7割近くもの物件が標準装備している「宅配ボックス」。

しかし、戸建て住宅での宅配ボックスの普及率はまだ1%未満です。

宅配便の増加とともに、まだまだ普及の伸びしろのある宅配ボックスですが、子どもがボックスの中に閉じ込められる事故が報告されているのはご存じでしょうか。

東京消防庁によると、平成28年6月東京都内において、7歳の子どもが友人とかくれんぼをしているうちに、

マンションエントランス部分に設置された宅配ボックス内に閉じ込められる事故が発生しました。

その子どもが閉じ込められたボックスは、高さ42cm、幅45cm、奥行49cmで、床からの高さ42cm(下から2段目)なので、簡単に入れたそうです。

ちなみに平成24年以降、東京消防庁管内では、同様の事故が他に3件発生しているそうです。

東京消防庁はこれらの事故を受け、特に夏場の気温の上昇する時期などは、中に閉じ込められたままだと熱中症などの命にかかわる事故にもつながりかねないと、注意を促しております。

 

■宅配ボックスは、子どもが簡単に入れてしまうサイズだった!?

chromatic / PIXTA

現在販売されている宅配ボックスは、大きく分けて「戸建て用」「マンション用」と2タイプあります。

サイズは小さい物から大きいものまで様々です。

先述した事故の宅配ボックスはMサイズのものでしたが、大きいものであれば高さ600mm~1450mm×巾500mm×奥行570mmもあり、

幼児から小学6年生くらいまでは入れてしまう寸法になっています。

小さなお子さんのいらっしゃるお宅は、注意が必要ですね。

 

■子どもには事故の危険性をきちんと教えよう!

Kiriko / PIXTA

現在販売されている宅配ボックスのなかには、子どもが入って鍵がかかってしまった場合、中から鍵を解錠できる安全バーが設置されているものもあります。

また、操作パネルなどで操作しないと、基本的には宅配ボックスは開閉できないようになっています。

しかし事故を未然に防ぐためにも、一度宅配ボックスの安全レバーの位置などを親子で確認し、万が一の場合の対処法を話しておくことも大切です。

また、日頃から宅配ボックスの危険性を子どもたちに教えること、宅配ボックスでは遊ばないことを教えることが何よりも大切です。

den-sen / PIXTA

いかがでしたか?

宅配便の増加とともに、宅配ボックスの設置も増えることでしょう。

しかし、宅配ボックスの数が増えれば、事故の危険も増えることにつながります。

子どもたちの安全を守るためにも、日頃から宅配ボックスの危険性を子どもたちに伝えてあげてくださいね。

(しかまのりこ)

 

【参考】

※ 東京消防庁 宅配ボックスに子供が閉じ込められる事故に注意!