空手、剣道、ギター、ピアノ、茶道、華道、習字…4歳の長男は「習い事」で超ハードスケジュール!?

 

digi009 / PIXTA

実母と同居しながら、遅い子育て奮闘中の七福千恵子です!

わが家は中国地方の田舎住まい。3年前に念願の新居を建てました。

現在、夫(47歳)・息子(4歳)・実母(72歳)・私(47歳)の4人暮らしです。

筆者はもともと理学療法士の仕事をしていて38歳で結婚。42歳で出産して現在47歳です。

高齢出産は体力的に大変なことが多いですが、どんどん成長する子どもに負けないよう頑張っています。

417pp / PIXTA

今回は習い事について書いてみたいと思います。

我が家の4歳の長男がやっている習い事は、空手、剣道、ギター、ピアノ、茶道、華道、習字、料理などなど。

しかもこれらの月謝は無料なんです。その理由は……。

 

■幼稚園ママ同士がいちばん盛り上がる話題…それは習い事!

子どもが幼稚園に入園して7か月が経ちました。

今、幼稚園ママ同士で一番ホットな話題は習い事。

ちょうど新しい生活にも慣れて、「新しく何かをはじめてみようかな」と思う余裕が出てきました。

お友達が字をキレイに書いていると「うちも習い事に行かせたほうがいいかな……」と思ったり。

さて、息子の習い事は何にしよう。

 

■初めての習い事はピアノに決定

しげぱぱ / PIXTA

ある日、幼稚園から帰宅した息子が「ピアノに触りたい……」と言いました。

話を聞いてみると、担任の先生が弾くピアノに憧れたようです。

しかし、音楽を勉強するにはどうしたらいいのか分かりません。

そんな時、たまたま吹奏楽を指揮されている先生に会うことができたので相談してみました。

「幼稚園卒園までに楽譜を読めるようにして、小学校に入ってから好きな楽器が弾ければいいですね」 と、ピアノ教室で楽譜を習うことを勧められました。

ナオ / PIXTA

これも何かのご縁。

さっそく紹介してもらった先生のところでピアノを習うことにしました。

 

■1時間のピアノのレッスンに耐えられるか心配だったものの…

今通っている教室は1回1時間×月3回のレッスンで月6,000円。

幼児の場合は「1時間のレッスンに耐えられるか。じっとしていられるか」が、最初の課題だと思っていました。

mayuyu / PIXTA

ママもそこが心配でしたが、息子はピアノに触れるのが嬉しくて飽きません。

これには大人がビックリ!

家族以外の人に教えてもらうことも良い経験になっています。

今は義理の両親にプレゼントしてもらった「アンパンマンのピアノ」で毎日練習しています。

自宅でも毎日30分は椅子に座って、もらった課題の練習をしているので良い習慣がつきそうです。

 

■教えられるものは家族で教えれば、授業料0円!

他の習い事は、「三世代同居」の長所を生かして家族が少しずつ担当。

ママは英語、剣道、ギター、ピアノ。パパは空手。

実母は茶道、華道、習字、料理担当です。

朝起きたら、パパが空手の正拳突きを20回、ママが剣道の竹刀振りを10回、息子と一緒にやります。

Akira.t / PIXTA

ギターやピアノは食堂に置いてあるので、家族で話題にして毎日触るようにしています。

華道は月2回玄関の花を生け、茶道は月2回お抹茶をたてて和菓子をいただきます。

 

■家庭での習い事は授業料0円、移動時間もゼロ

息子は一人っ子なので、子ども同士でじゃれ合う機会が少なく、集団生活に慣れるのに少し苦労しました。

しかし、親と一緒に空手や剣道の動作をやったり、小学生の放課後の練習を見学に行くようになると、

お友達との距離感が分かり、徐々にコミュニケーションが取れるようになりました。

習い事を生活の中に組み込んで、できるものは家族で教えるようにすれば、授業料は0円。

教室までの移動時間も0時間です。

4歳にしては習い事の量が多いかもしれませんが、生活の中に習い事を取り入れて家族で楽しんでいます。

 

■子どもがその習い事を好きどうか試してから決めるのもアリ

hashisatochan / PIXTA

他には、小学生の相撲教室を見学に行ったり、

市民農園(1か月500円)で先輩の皆さんに教えてもらいながら土を触ったり。

宣教師のかたが主催する「絵本朗読会」にも月1回参加して、ちょっびり英語の勉強もしています。

自治体や地域の情報をこまめにチェックしたり、親が今まで身に着けた知恵を子どもに教えると、習い事もリーズナブルに出来ますよ(笑)。

まずはいろいろと経験させてみて、子どもが興味を持つかどうか判断してから習わせてみようと思っています。