空間の3K(暗い、臭い、汚い)を3S(整理、整頓、清潔)に!家や職場の整え方と笑顔になる習慣

 

kerdkanno / PIXTA

日刊Sumaiの連載【風水で解決!】でも人氣の風水コンサルタント・種市勝覺(たねいち しょうがく)先生の

最新刊『感情を整える片づけ』から、家や職場の整え方や感情を整える習慣について紹介します。

今の自分にとって不要なモノを捨てられるようになったら、次は部屋の整え方を学びましょう。

それも「運氣を引き寄せる」ための整え方です。

風水や密教では家、つまり建物は生き物として捉えるので、家を建てるとき、住んでいる時、引っ越す時、

すべてのタイミングで家に感謝をしながら整えていくことが大切です。

家を整えることは自分を大切にすることになり、人が長く居る場所の家は感情とつながるため、「氣」の流れとも関連しています。

 

■空気を入れ替えるのにベストな「ドラゴンタイム」って?

freeangle / PIXTA

誰でもすぐに始められる風水のメソッドは、部屋の「空氣の入れ替え」です。

室内にいても自然を感じられる心地良さは風水の基本。空氣を入れ替えると氣の流れが良くなり、「運がいい」状態になります。

オススメの時間帯は「辰の刻」を指す朝7時から9時。

ドラゴンタイムと呼ばれる時間帯で、昔から氣が良く動く時間といわれているそうです。

夜と朝の空氣を入れ替えると氣が循環して建物内が活性化するので、家だけでなくオフィスでも習慣にしたい方法です。

 

■室内を取り巻くツールも大事!風水の基本の3S「整理、整頓、清潔」って?

環境を整えることは風水の基本的な考えです。室内を取り巻くモノにも着目し、運を取り込むコツをつかみましょう。

1・ 住居の照明はオレンジ系が良い

Graphs / PIXTA

自然光に近く温かみのある色合いはリラックスでき、喜びあふれた「生氣」を放ちます。

温かな色の灯りは空氣を円満に変えて良好な人間関係、金運、人脈を呼び寄せる力があります。

 

2・掃除道具の掃除

町田たかし / PIXTA

風水の基本の3S「整理、整頓、清潔」を維持するには日々の掃除は欠かせません。

しかし、汚れた道具で掃除をしても汚れを散らして氣を乱すことになります。

掃除道具も手入れをし、清めることを習慣にするのをオススメします。

雑巾洗いが面倒なら、使い捨ての床拭きシートでも可。

また、種市先生はこう言います。

新しい行動を1、2回しただけでは流れは変わりません。行動が習慣として身について初めて流れが変わるのです。

良い習慣を手に入れる事は運をつかむということでもあります。

 

3・ 観葉植物と水晶

isDesign / PIXTA

環境浄化作用が強いので、どちらもパワーがあります。ただし置く場所や選び方にルールがあり、

間違えると掃除同様、効果が半減にもなりますので、しっかり見極めたいツールです。

観葉植物の置き場所はリビングがオススメです。大鉢は部屋の角が良く、まっすぐ伸び幹が太く葉が落ちにくいものを選びましょう。

水晶は部屋の角や照明が届きにくい場所や「氣がよどんでいる」と思う所に多面体水晶を

15~30センチの赤い糸で吊るすとよいとされています。

このほか、風水では風景をモチーフにした絵画を飾ることも進めています。

選び方で氣の流れが変わります。

時々絵を変えることも大切で、人物画などの緊張感をもたらす絵画はオススメできません。

 

■空間は臓器や体と共鳴する!キレイにすることを習慣に

AKIRA / PIXTA

どの空間も清潔にしておくことは、健康にとっても重要です。

空間の乱れは健康被害をもたらすとされていますので、整えて清潔に保ちたいですね。

共鳴関係は以下の通りです。

・玄関→顔や脳
・ダイニング→胃腸
・リビングやバスルーム→肝臓
・キッチン→小腸
・寝室→心臓
・トイレ→腎臓や膀胱
・書斎→左脳

天井の高さは呼吸の深浅に関わるので肺と共鳴しています。

 

子ども部屋を親の部屋より広くしない方がいい理由って?

gracilis-works / PIXTA

お子様のいるご家庭は子ども部屋についても氣になるところですね。

家族の氣配を感じながら勉強するリビング学習は成績アップ効果があると言われていますが、

個室でも勉強に集中できる環境に整えることができます。

ポイントは3つあります。

1・日当たりの良い場所が生活リズムを整える

住宅事情でそれが叶わない場合は明るい色のカーテンを使うなど、陽をイメージする空間にします。

2・親の部屋より広くしない

風水のセオリーとされ、子ども部屋の方が広いと親の言うことを聞かない傾向が強くなってしまいます。

3・机といすはドアを背にしない位置にする

人の氣配を背後に感じる場所は緊張して落ち着いて集中できません。

また、お子様の体形と椅子の高さを合わせることも集中できる要因です。

 

■家より長い時間を過ごすオフィスを3Kから3Sに変えるには?

Graphs / PIXTA

フルタイム勤務の方は自宅よりも職場で過ごす時間が長いと思います。

風水の観点から家が整っていてもオフィスが乱れていては、感情が乱れたままです。

空間の3K(暗い、臭い、汚い)を避け3S(整理、整頓、清潔)にすると同時に、

仕事に集中できる環境づくりが大切です。五感から入る情報が清らかで心地よいものに整えていきましょう。

先に述べた空氣の入れ替えや始業か終業のタイミングで率先して掃除することもオススメです。

ただし神経質にやりすぎると殺氣が生まれるので、程良くおこなってください。

 

■みんながトクをするために。感情を整える方法を習慣にしよう

白甲西 / PIXTA

環境や感情を整えることは誰のためでしょう?

もちろん自分のためですが、密教の観点からいうと、それと同じくらい自分を取り巻くみんなのためでもあります。

お互いが笑顔でいられるような関係はプラスの氣をもらたす生氣が循環して、新たな幸せが訪れます。

最後に、種市先生は密教の教えから次のことばを教えてくれました。

・生まれた感情や欲望は否定せずに持っていて当たり前と思う
・失敗は小さな前進、得したと受け止める
・今を最上にする
・自力を減らし他力を増やす
・行動とことばと心を一致させる
・「●●しなくてはいけない」思考にサヨナラ
・自分の「大好き」をコンパスにする
・初対面の人にこそ心を全開にする
・「関心」で愛情を表現する

いかがですか。どれも自分や人をもっともっと好きになるような言葉ですね。

風水や密教を味方にして片づけたい!と思うことから次第に良い方向へ行けそうな、優しくて確かな教えが詰まっています。

 

【参考】

※ 『感情を整える片づけ』種市勝覺著 (アチーブメント出版)