習い事難民だった我が家がたどり着いたのは…老舗の通信教育とお手頃価格のバレエ教室

 

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

春から、娘の習い事の見直しをしていましたが、あっという間に夏休みに突入してしまいました。

夏休みの間もネットで検索したり、体験教室に行ったり、通信教育の無料教材を取り寄せたり、幼児教育に関する本を図書館で借りて読んだり……。

出来る限るのことはやりました。

後悔しないために、いろいろしてみた私が判断材料に選んだ3大要素は「非認知能力」「親力」「子どもの食いつき具合」の3点です。

前回の記事を読む

 

■認知能力と非認知能力って何?

前回の記事で紹介したヘックマン教授の研究「ペリー幼稚園プログラム」がずっと気になっていたこともあります。

それをわかりやすく解説している『「学力」の経済学』(中室牧子著 ディスカヴァー・トゥエンティワン)という本を読んでみました。

それによると、「ヘックマン教授は学力テストでは測定することができない非認知能力が、人生の成功において極めて重要であることを強調している」とあります。

読み書きや算数などの能力は「認知能力」と言われるもの。

幼児期にこの能力を先んじて伸ばしても、結局は小学校に入学してしばらくすると、差がほとんどなくなってしまうのだそうです。

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

私は「読み書きそろばん」こそが、先々に役に立つのではないか? と思い込んでいたのですが、そうではないらしいのです。

では、重要だと言われている非認知能力とは何のことでしょうか?

それは

「自制心」「やり抜く力」「忍耐」「社会性がある」「思いやり」「楽観性」

などのことを指します。

 

■幼児教育の要は「非認知能力」を高めること

幼児期にお金をかけて教育すべきは「非認知能力」だったんですね。

ここで私は迷いの霧の中から抜け出すことができました。

非認知能力を高める習い事って、特別探す必要があるのかな? と思い始めたんです。

だって、これらは家庭や幼稚園で与えることができるではないですか!

家庭では、毎日のお手伝いやちょっとした勉強・読み聞かせを習慣づけて勤勉性を培います。

kou / PIXTA(ピクスタ)

「ウソをつかない」「ルールを守る」など、しつけによって基本的なモラルを身につけさせることで非認知能力を伸ばすことができます。

特に夏休みは家で過ごす時間が多いので、毎日のスケジュールをしっかりと立てて過ごすことを心がけました。

もるすけ / PIXTA(ピクスタ)

幼稚園では友達との摩擦も経験する中で思いやりの心を育てられますし、運動やお絵かきなどで得意・不得意を自分でも自覚するようにもなるでしょう。

そんな時は挫折感も味わうでしょうし、そこから頑張って立ち直り、何かに打ち込む楽しさにも気づけるはずです。

私はあせって公文教室や幼児教室を探すのをやめました。

 

■親力をつけながら、通信教育で認知能力も同時に伸ばす

しかし「非認知能力の向上は認知能力の発達を促す」という興味深い研究結果もあります。

通信教育の力を借りて家庭内学習も取り入れ、認知能力も同時に高めることにしました。

夫とも相談した結果、塾や教室任せにするのではなく家の中で親と一緒に楽しく遊びながら勉強していく方法を選んだのです。

そこで私の強い味方になったのが「親力」という言葉の生みの親でもある親野智可等さんの無料メルマガ。

そして、塾講師の経験から「親勉」メソッドを編み出した小室尚子さんの無料メルマガです。

目からウロコな情報も多く、家庭学習にプラスになる知恵がいっぱいです。

通信教材は、東京大学出身の夫がずっとお世話になっていたZ会に入会することにしました。

認知能力を伸ばすワーク教材と、非認知能力を伸ばす「ペアぜっと」という体験教材がセットになっており、

親子で遊び感覚で取り組めるのが気に入りました。

月々の会費が2000円程度とお手頃だったのも大きかったのです。

 

■ママ友情報で、近所にお手ごろバレエ教室を発見!

残るは運動系です。

2歳の時に喘息の大発作を起こしてから、運動系の習い事は必須にしていました。

家の中で夢中でバレリーナみたいにくるくる回っている踊る娘を見ていました。

yacobchuk / PIXTA(ピクスタ)

そのうち、月謝がお高そうだったので尻込みしていたバレエ教室について、もう少しちゃんと調べてみることにしました。

一番気軽で確実なリサーチ方法は、「マ友に聞く」です。

幼稚園バスを待っている間にママたちに聞いてみると、あっけなく見つかりました。

歩いて5分のマンションの集会場で、教室を開いている先生がいるというのです。

月謝も5000円とお財布に優しいし、発表会も3万円程度の出費。

この値段だったら通えます。

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

しかも親切で丁寧な指導は、ママ友の間でも評判です。

やっと、春から抱えていた習い事に関するモヤモヤは解消されました。

結局我が家が選んだ娘の習い事は、Z会の通信教育とバレエのふたつに決まりました。

初期費用はかかったものの、ふたつ合わせて月々7000円。

いまのところ、どちらも楽しく取り組んでいます。

いかがでしたか。

習い事はお住まいの地域による違いも多々あると思いますが、我が家の紆余曲折が、少しでも参考になれば幸いです。