コピー用紙でもOK!白い紙を「折る」「巻く」だけでできる箸のラッピング

 

どんなものでもラッピング次第で素敵なギフトに変身。

今回はプレーンな木のお箸を素敵なギフトにする方法をご紹介します。

※ 前回の記事を読む

 

■お箸を包んで「いただきます」の感謝の気持を

chikaphotograph / PIXTA(ピクスタ)

まもなくクリスマス、お正月と世界中がギフトシーズン。

ギフトだけでなく、おもてなしのテーブルセッティングにもお試しください。

用意するもの

・お箸(白木の素朴なものがおすすめ)
・白い薄手の紙(コピー用紙でOK、もちろん和紙なら最高)、色や模様のある紙片
・水引(みずひき:紅白のもの)

お箸を差し込むタイプは白い紙を折るだけでできあがり。

ロールアップタイプは正方形の紙の端に色の紙を置いて、お箸といっしょに巻き込んで、水引でしばります。

 

■コピー用紙でもOK!白い紙を折るだけの「差し込む」タイプ

水引はお正月などのフォーマルな演出向き、カジュアルにしたい場合はハリ感のある紙紐を使うのも素敵です。

 

1・白い紙を220×195ミリにカットします。サイズは少しぐらい変わってもかまいません。

2・写真上の下の角がとがるように折ります。

3・写真と図を参考に順に折ってください。

4・底になる部分を折り返したら、裏返します。こちらが表になります。

5・お箸を差し込んでできあがり。

 

■巻いて、縛るだけ!「ロールアップタイプ」

紙のサイズは15センチ角です。

1・好きな色の紙を約65ミリ角にカット(写真はグラシン紙)を少しずらして置きます。糊付けの必要はありません。

2・お箸を置いて、角から巻き込んでいきます。

3・水引で結んで完成です。

塗り箸はすべりやすいですが、白木のお箸は巻きやすいです。

いかがでしたか。

慣れれば2、3分でできてしまいます。

好きな色、テクスチャーの紙や紐を組み合わせてアレンジを楽しんでくださいね。