あると便利な“片付け用品”が「すのこ」で作れる!? 30分以内でDIYできる3アイテム

 

ネットや通販カタログなどを見ていると、「これ、あると便利!」と思うものって、たくさんありますよね。

そのように感じるものの中には、結構自分で作れるかもって思うものがたくさんありました。しかも、簡単に!

そこで、今回はご紹介するのは「すのこ」を使ったDIYでできる3アイテムです。

すのこのほかに、結束バンドと釘があれば10~30分以内に作れるものばかり。

ぜひ参考にしてみてください!

 

■アイテム1:バスタオルを干すのに最適「すのこスタンド」(作成時間/10分程度)

この「すのこスタンド」は、バスマットなどを干すのにとても便利なアイテムです。

材料は以下のアイテムになります。

  • すのこ(幅 50センチ×奥行き 約33センチ)2枚
  • 結束バンド(できれば長いもの)2~4本

では、作り方をご紹介しましょう。

工程1:すのこをとんがり屋根のように立てて、ちょうど良い角度のところを2か所、結束バンドで固定します。

工程2:きつく締めすぎてしまうと閉じてしまいますので、同じくらいの力で、とんがり屋根をキープできるようにします。

工程3:あとは、結束バンドの出た部分を切って、マットが引っかからないようにすればできあがりです。

使い終わった後は、たたんで片付けられます!

 

■アイテム2:収納だけでなく移動もOK!「キャスター付きボックス」(作成時間/30分程度)

キャスター付きだと、単なる収納としてだけでなく、移動もできるので便利です。

おもちゃ箱(キャスターがあるので、子どもが引っ張り回せます)、野菜保存箱(台所に置いて使えます)、古新聞や雑誌置きなどに使えます。

材料は以下になります。

  • すのこ・中(幅 50センチ×奥行き 約33センチ) 3枚
  • すのこ・小(幅 約32センチ×奥行き 約16センチ) 3枚
  • 短い釘 24本
  • 中くらい長さの釘 12本
  • 貼り付けるタイプのキャスター (4個入り) 1個
  • プラ製のくさり

では、早速作り方をお教えしましょう。

工程1:すのこの足を組み合わせるようにして、中くらいの長さの釘で留めていきます。

最初は、下部に両側面を固定します。

工程2:後ろと前は小さいすのこを横向きにすればぴったりですので、小さい釘で留めていきます。

工程3:ひっくり返して、キャスターを取り付けます。

今回使ったのは、貼り付けるタイプです。

シールをはがして貼り、マジックテープに合わせて取り付けていきます。

工程4:前部分にくさりを付ければ、完成です。

キャスターが小さいので、賃貸でも安心して使えますよ。重さは8キロまでOKです。

 

■アイテム3:充電器なども置きやすい細めの「収納棚」(作成時間/20分程度)

最近、便利だと思ったのは充電器などを置ける細めの収納棚です。

リビング以外にも、台所のすきま(かごなどをセット、調味料入れにも活用できます)、

玄関(スリッパや折りたたみ傘など玄関用の小物を置き場に)などにもおすすめです。

材料は以下になります。

  • すのこ・大(幅 約75センチ×奥行き 約33センチ) 2枚
  • すのこ・小(幅 32センチ×奥行き 約16センチ) 3枚
  • 中くらい長さの釘 12本

工程1:長いすのこが側面になります。そこに、短いすのこのを長いすのこの足に釘を打ち付けて固定します。

工程2:前面部分が揃うように打ち付けていきましょう(短いすのこの方が長さが若干短いため)

工程3:釘が出て、引っかかるところがないかを立ててみて確認したらできあがりです。

すき間がありますので、コードなどを通すことが簡単にできます。

 

■アイテム4:レジ袋ストッカー(作成時間/10分程度)

大きさがさまざまありますので、仕分けができることが前提です。

分別ゴミ箱に最適です(部屋に置けば、簡単に仕分けができます)。

材料は以下になります。

  • すのこ・中(幅 約50センチ×奥行き 約33センチ) 2枚
  • すのこ・小(幅 約32センチ×奥行き 約16センチ) 2枚
  • 短い釘 12本

工程1:すのこ・中が前後面になります。そこに、すのこ・小は左右面です。

すのこ・中は、足が外向き、すのこ・小は足が内向きです。

すのこ・小の足部分の3か所を固定するように釘を打ち付けます。

工程2:すのこ・中に仕分けたい分(最大4つ)袋を引っかけます。

工程3:サイズを書いて写真のように貼り付ければできあがりです。

下部はわざと付けませんでした。持ち上げて掃除をしやすくするためです。

 

いかがでしたか。

「すのこ」を使うと、いろいろなものが作れるんですよ

皆さんも、ぜひお時間のあるときに試してみてください。