座高の高さ、裏面がツルツル…。理想の「バスチェア」を選ぶポイントとは?

暖かいお風呂が恋しいシーズンに入りますね。

筆者は最近バスチェアを買い替えて、毎日のお風呂タイムがとても楽しくなりました。

バスチェア、ありふれた日用雑貨ではありますが、「ここが大切!」とユーザーを惹きつけるいくつかのポイントが存在します。

筆者が購入した椅子の、具体的にどこが良かったのか?を紹介することで「選ばれるバスチェア」のポイントを整理していきたいと思います。

 

■イメージで買ってしまい、後悔していた以前のバスチェア

それまでに使っていたのは、こちらです。

インテリア好きな方なら、すぐにピンと来てしまうかも?

某有名輸入家具雑貨店のものでした。

おしゃれなデザインと、値段に一目惚れしたものの、穴が空いていない平らな座面には水が溜まってしまいます。

そして裏面の複雑な形状! 非常に掃除がしにくいため、あの憎っくき“ピンクカビ”との戦いでした。

拭き取りはあまりにも手間がかかるので、ハイター漬け置きするしかなかったのですが、そんな時間も溶剤もムダに感じられて、とうとうギブアップしました。

そこで猛リサーチで見つけたのが、アスベルの「Emeal」です。

 

■すべては「形」に起因する3つのポイント

ポイント1:座高の高さ

今までより5センチだけ高い35センチにしてみたら、座る・立つが格段に楽になって驚きました。

大人には、実に快適な高さだと思います。

 

ポイント2:脚部分の表面積が少ないこと

面積が多ければ、当然それだけ掃除する部分も増え、逆に少なければ、通気も良くなってカビ防止に役立ちます。

こちらは細長い脚のおかげで、浴槽にかけておけるのも地味に便利で気に入っています。

 

ポイント3:裏面ツルツルがとにかく嬉しい!

鋭角な突起や入隅がどこにもない、つながった1つの面になっているので、ぐるっと拭けるのは本当にストレスフリーです。

 

おまけ:価格もお手頃

家庭用品に、あまりに高いものは躊躇しますよね? こちらは、Amazon(プライム)で2,136円でした。

この価格だと、安心して買えますよね。

いかがでしたか?

ちなみにですが、バスルームでは御役御免となった前の椅子は、ストックヤードで安定感バッチリの踏み台となるので、捨てずに活用しています。

日用品には、好みのデザインや使いやすさに加え、お手入れしやすいことも求めたいですよね?

自然と愛着が湧いて、ずっと大切にしたくなるものです。

皆さんにも、それぞれ理想のバスチェアが見つかりますように!