設置もラク!IKEA「BLÅVIK」は家じゅうどこでも明るくできるって知ってる?

 

皆さんの中には、プロの提案をベースに念入りに計画しても、あるいはショールームで実物を見て決めても……、

照明器具を点けてみたら「あれ? 思ったより暗かった」「ああ、サイズが大きすぎた」なんて後悔をした方、いらっしゃるのではないでしょうか?

照明は、個人の感覚差もあり、実際の場所に取り付けて灯してみないことには、わからないものなので、本当に難しいですよね。

今回は、そんな新築やリノベーションでの照明のお話です。

 

■リフォーム会社に勤務経験もあるのに……やってしまったしくじりは「お風呂の照明」が暗すぎ

今住んでいる狭小平屋のリノベでは、省スペース化が重要だったため、もとの浴室に洗面脱衣所も組み込むプランを採用しました。

こちらに関しては、以前に日刊Sumaiで「洗面台に実験用の流し!? 2度目の導入で取り除いたものって?」

という記事でご紹介させていただきました。

既存の浴室天井照明が全体を照らすので、明るさは充分だと思っていたのですが……。

暮らしてみると、すぐにそれが意外に甘かったことを知るのです。

やはり洗面台の鏡付近には、集中的な明るさがほしい!

コンセント式のクリップライトで解決出来る問題ではありましたが、IKEAで見つけた照明が気になって、取り入れたところ、とても良かったので、ご紹介したいと思います。

それが「BLÅVIK(ブロヴィーク)」(価格/999円)です。

 

■浴室の照明を「BLÅVIK」にして分かったメリット4つ

メリット1:配線もコンセントもいらない電池式はスッキリとしてローコスト。

後付けに、うってつけです。

 

 

メリット2:「LED電球」「タイマー(15分)付き」「浴室可」と、細かく優秀。

 

メリット3:曲がるネックで方向を自由に変えられます。

下に向けるとこんな感じになります。

今度は、上にするとこんな感じ。

メリット4:コンパクトでシンプルで愛らしいフォルムをいかし、自分なりにデコるのも楽しそうですね。

丸いシールを当ててみました。

こちらは、DIY王道の「マスキングテープ」でアレコレと……。

 

現在、筆者宅ではフェイクグリーンをあしらって、ナチュラルテイストを楽しんでいます。

 

 

■あえて知っておきたい「BLÅVIK」のデメリット2つ

デメリット1:位置に注意

自ずと手がスイッチに届く場所に限定されてしまうので、「100%どこへでも」というわけにはいきません。

デメリット2:取付に注意

ビスを気軽に打てない賃貸住宅等も使えるように、両面粘着シールが付属されていますが、

スイッチを押す際に、けっこう力が加わるため、それだけでは強度の面でやや不安があります。

筆者宅はタイルの壁ですが、ビスで固定しました。

やはりビスを使うか、他の工夫でしっかりと壁に固定する事が望ましいです。

 

いかがでしたか?

実は、販売当初からは価格も下がり、ミラー貼り仕様も登場しています!

ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。