STANDARD TRADE.が提案する「家具らしい家具」vol.6 COAT HOOK(試作品)

 

ナラ材を使った端正なオーダー家具に定評のあるSTANDARD TRADE.。

代表の渡邊謙一郎さんが本当につくりたかった「家具らしい家具」とは……?

 

※ 前回の記事を読む

 

■安定感と存在感のバランスが良く、取り付けやすい

華奢すぎず、安定感があって、でも存在感を出しすぎない。

そんなコートフックが欲しくてつくりました。

実際、自宅でも玄関や廊下の壁に取り付けて、

レインコートやジャケットなどをちょっとだけ熱を取るためだったり、乾かすために使っています。

また、コートハンガーが置けないようなコンパクトなスペースに付けることも。

何も掛けていない時に引きで見たときもきれいに見えるように、

また衣類の掛け外しがやすいシルエットを追求した結果、この形に落ち着きました。

角があると衣類が傷むという理由もあります。

 

■金物が見えなくなるので気軽に、好きな場所に付けることができる

こうしたフックは金物で取り付けるつくりのものが多いのですが、

これはフック自体にハンガーボルトという金物が付いているため、

金物が見えなくなるので気軽に、好きな場所に付けることができます。

木の水分の通り道である「導管」によって生まれる表情は、

ひとつとして同じものがなく、無垢ならではの豊かな表情を魅せてくれます

 

渡邊謙一郎さん。1972年生まれ、横浜育ち。

1998 年にSTANDARD TRADE. を設立。横浜の本社工場でナラ材を使ったオリジナル家具を製作し、世田谷区内にある玉川SHOPで販売をしている。

デザインから製作・販売・メンテナンス・買い取りまで一貫して行う姿勢は評価され、住宅の設計やオフィス・ショップの内装まで幅広く手掛けている。

※掲載した家具は試作品です。ご質問等ありましたら店舗までお問い合わせください

 

【STANDARD TRADE.】

玉川SHOP*東京都世田谷区玉堤2-9-7 telephone*03・5758・6821

[文]渡邊謙一郎( STANDARD TRADE. CO., LTD.)

[写真]飯貝拓司