20分で完成!100均のクリップボードで「子どもの作品」の展示スペースを簡単DIY

お子さんの絵、どうしていますか? できれば、飾って楽しみたいですよね。

とはいっても、どんどん増える作品に、頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。

でも、100円ショップで売られているものでそれらの絵を飾るスペースを簡単に作ることができるんですよ。

100均アイテムで20分ほどでDIYできる子どもの作品展示スペース」の作り方をご紹介します。

 

■スッキリおしゃれな「子どもの作品展示スペース」を作ろう!

わが家には、絵を描くことが大好きな、5歳と3歳のきょうだいがいます。

一生懸命描いた絵、今しか描けないかわいい絵。

子どもの描く絵は、どれもこれもかわいくて、飾って眺めていたくなります。

ところが、日々量産される作品群を前に、ある日壁一面が作品だらけに……。

そこで、飾る作品の量を制限して、インテリアにもなじむように、「子どもの作品展示スペース」をDIYしてみました。

  • 子どもの絵をスッキリと飾りたい
  • 賃貸なので、壁に傷をつけたくない
  • 安く短時間で仕上げたい

という方には、特にオススメです。

 

■材料は、すべて100円ショップ「セリア」で調達!

材料は以下になります。

  • クリップボード 6枚(A4横×2枚、A4縦×1枚、B5縦×1枚、B6縦×2枚)
  • 黒板ペイントの水性ペンキ
  • 多用途用の筆

筆者は100円ショップの「セリア」で購入しました。予算は800円(税別)ほど。

100円ショップや文具店で購入できる類似品でも、もちろん大丈夫!

の広さや子どもがよく描く絵のサイズに合わせて、クリップボードのサイズや数を調整してくださいね。

 

■作り方は4ステップと超簡単!作業時間もたった20分程度

作り方は4ステップ。とっても簡単です。

ステップ1:汚れ防止に新聞紙を敷いて、クリップボードを並べる

ステップ2:ペンキを筆で混ぜてから、クリップボードに塗る

ステップ3:乾くまで1日ほど放置

ステップ4:バランスを見ながら、フックで取り付ける

わが家は賃貸なので、外した後の穴が目立たないようなフックで、

和気産業株式会社の「石膏ボード専用 Jフック シングル ホワイト(WNP-SW)」を愛用しています。

虫ピン程度の穴しかあかないのに、耐荷重は7キロもあり、とても気に入っています。

ちなみに、クリップボードはA4サイズでも200グラム程度。

100円ショップで購入できる、耐荷重の軽いフックで十分です。

 

■部屋に「子どもの作品展示スペース」設けることのメリット5

が家では、ダイニングテーブルの横の壁を「子どもの作品展示スペース」にしています。

この展示方法にしてから、感じているメリットをご紹介します。

【メリット1】作品の取り付け、取り外しがラク!

作品の展示は、クリップボードに挟むだけ。

押しピンで貼り付けるよりも、粘着ラバーで貼り付けるよりも、ましてや額に入れて飾るよりも……、ラクです。

ワンアクションで取り付け、取り外しができて簡単なのが嬉しいですね。

 

【メリット2】ごちゃごちゃせずに、いつもスッキリしている!

子どもの作品を、無秩序に展示していたときとは大違い。

カラフルな子どもの絵を展示しても、インテリアの邪魔をすることなく、馴染んでいるように感じています。

 

【メリット3】大切なモノを選び取る練習になる

作品はここに飾れるだけと決めているので、子どもが大量の作品を制作しても、うろたえることはありません。

新作をひとつ飾るためには、旧作をひとつ取り外す。

この方法にしていると、今、本当に大切にしたい作品だけを展示することができます。

また、それは自分に必要なモノを選び取る”整理の力”を身につける練習にもなるのではと感じています。

 

【メリット4】家族の会話が増える!

家族みんなが顔を合わせる朝食のときに、子どもの作品を見ながら、制作時のエピソードを話すこともよくあります。

平日は子どもと過ごす時間の少ない夫ですが、作品を見ることで子どもの成長を一緒に感じることができます。

 

【メリット5】子どもの記憶に残る…かも!?

子ども時代、絵を描いたことよりも、描いた絵を家族に見てもらって褒めてもらったことのほうが、強く記憶に残っている筆者。

子どもにも、そんな愛された記憶を残してあげたいな、とも思っています。

さらに、転勤族のわが家だからこそ、実家の風景のひとつとして、

この作品展示スペースが子どもの記憶に残ってくれたらいいな、と考えています。

 

いかがでしたか?

丁寧な暮らしや、DIYに憧れはあっても。毎日、家事や育児に追われていると、DIYなんて挑戦できないですよね。

このクリップボードのペイントなら、20分ほどで簡単にできて、DIY気分を味わうことができました。

水性塗料なら、お子さんと一緒にペイントしてみても楽しいかもしれません。

よかったら、試してみてくださいね!

「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。