雑貨をゴチャッとさせない!「さし色」を使いこなす3つのポイント

 

お気に入りの雑貨や家具をかざっても、なんとなくまとまりがなくて、ごちゃごちゃとした印象になったりしませんか?

ひとつひとつは可愛いのに、にじみ出る“生活臭”……。

スッキリとまとまったインテリアにするには、よく「さし色」や「アクセントカラー」が大事だと言いますが、実際にどのように取り入れればいいのか分からない……という方も多いのでは?

ファッションと同じような感覚で、なんとなくイメージはできても、実際に取り入れるのは意外と難しいですよね。

そこで今回は、わが家のシェルフを例に「アクセントカラー(さし色)」「ベースカラー」「メインカラー」の取り入れ方のポイントをご紹介したいと思います。

ポイントさえ押さえれば大丈夫! スッキリまとまった印象になりますよ。

image

我が家の棚は、ベースカラー(壁、床、棚の色)を白とベージュにして、メインカラーを青と緑の2色にしています。

日本の住宅ではベースカラーは白やベージュが多く、変更するのはなかなか難しいですが、どんなインテリアにも馴染みやすい色です。

このシンプルな棚を、メリハリの利いたイメージに変えていきましょう。

 

■1:「テーマ」を決めて、メインカラーは「2色」まで!

大事なのは自分で選ぶメインカラー!

メインカラーは2色までにしておきましょう! 寒色系・暖色系など、出来るだけ近い色にした方がまとめやすいですよ。

もちろん飾るアイテムのテイストを揃えるのも大事。

我が家のテーマは「北欧雑貨+グリーン」なのですが、そのコーナーの“テーマ”をしっかり決めておくと自然にまとまります。

image

テーマに沿って植物やポストカードを増やしてみましたが、いかがでしょうか?

テイストとカラーが揃っているとそんなにごちゃついては見えませんよね。テーマに沿っていればモノが増えても自然とまとまって見えるんです。

 

■2:“さし色”の分量は「10%以下」が鉄則!

メインカラーが決まったら次はアクセントカラー(さし色)の出番です!

image

さし色を「黄色」に決めて、ほんの少し投入してみました。黄色は暖かくて、柔らかい雰囲気になりますね。

大事なのはその割合。“全体の10%以下”が鉄則です!

好きな色でOKですが、ハッキリした色味の方が引き締まって見えるのでおススメ。

黒はかっこよく、ピンクは女性らしく、オレンジは元気な印象、紫は洗練された大人の雰囲気……など、お部屋のイメージに合わせてアクセントカラーを決めると良いですね。

 

■3:さし色は「1色限定」!

さらにもう1色、ピンクを入れてみました。

明らかに浮いてます……。それだけでなく、やけにごちゃついて見えてしまいますね。スッキリ見せるために、さし色は1色だけにしましょう。その方が雑貨も引き立ちますよ。

 

“メインカラー+ちょっとのさし色”を意識して、まずは1つのコーナーから始めてみませんか? 雑貨の良さが引き立つ、お気に入りの空間になること間違いなしです!