保育園ママ1年め、平日の家事をラクにする時短テクって?【ネットで見つけた私らしい暮らし】

 

Saulich / PIXTA(ピクスタ)

この春から子供を保育園に預けて仕事復帰し、半年が過ぎました。

産休・育休中はほぼ家にいたので、子育てはしつつも家事をする時間はしっかり取れていました。

そんな生活から一変、仕事が始まり家にいる時間が少なくなったので、いかに効率よく家事をこなすかを考えるようになりました。

色々なコラムなどで「時短テク」「かんたん家事」「スピードごはんレシピ」

などのキーワードを見かけると絶対に読んでしまいます(笑)。

inajin / PIXTA(ピクスタ)

前回に引き続き、保育園に預けながら仕事を始めて1年目の「我が家の1週間」を時短テクを交えて、ご紹介したいと思います。

※ 【ネットで見つけた、私らしい暮らし】今までのシリーズを見てみる

 

■前日の夜にできるだけ翌朝の準備をしておくことでグンとラクに

Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

平日(月曜〜金曜)は、保育園送迎、通勤片道1時間、6時間の時短勤務をしています。

家に居る時間は、いかに効率よく家事をするかを日々考えています。

仕事で培った「前準備」の習慣がここに来て役に立っています。

翌朝の行動を見越して、前日の夜から用意できる事を考えてみました。

誰もが感じていると思いますが、朝の数分って本当に大事ですよね。

数分の時短テクの詰み重ねをして行く事にしました。

それでは、私なりにやっている前日夜の準備をご紹介したいと思います。

 

■ティーバッグ、食器などをセットしておくだけで朝食の支度がスムーズに

我が家は毎朝紅茶を飲みます。

コーヒーを淹れるよりは断然楽なティーバッグですが数分の時短のためにティーバッグをポットに入れておきます。

コーヒー派の方なら、コーヒーフィルターをセットしておくのが良いのかもしれませんね。

さらに余裕のある日は、マグカップとお皿類もトレーに乗せておきます。

お気に入りのファブリックをかけて、ホコリをカバー。


朝食セットは冷蔵庫でまとめてトレーに。

バター、ヨーグルト、ジャムをセットして一度に出せるようにしてから、作業効率がぐんとアップします。

整理収納アドバイザーの方のブログなどで、こういったグルーピングの収納方法がよく紹介されています。

本当に作業効率が上がるので、冷蔵庫のグルーピング、ぜひおためしください!

 

■洗濯は仕上がり時間を逆算して効率よく

洗濯乾燥機を活用している我が家は、基本的に毎日洗濯機を回します。

効率よくというのは、出来上がる時間を逆算して回すという事。

我が家の洗濯のルールで以下に洗濯物を分けています。

①乾燥機までかけるタオル類の洗濯物

②乾燥機をかけずにハンガー干しをする洋服の洗濯物

日々の大多数が①の乾燥機までかけるタオル類の洗濯物なので、①は毎日、②は2日に1度のペースで行っています。

週末やお休みの日は、起きて着替えを済ませてから洗濯機を回します。

でも平日は朝起きてから回していては、間に合いません。

②の乾燥機をかけずにハンガー干しをする洋服類を前日の夜に洗濯機に入れて、

翌朝に脱水まで仕上がるようにタイマーをかけています。

そして朝起きたらすぐに干せるように、少し工夫をしています。

その工夫とは、前日の夜に洗濯機横にある棚のブラケットにハンガー類を掛けて、用意しておきます。

ハンガーやピンチを取り出すのって、地味に時間が掛かるし面倒くさいですよね。

この棚用のブラケットはデザインでなんとなく選んだのですが、ちょっと掛けが出来てとっても便利。

これにして大正解でした(笑)!

本当にちょっとしたことですが、朝の数分は本当に貴重。

使うときに用意しておいてよかった〜と毎度思います。

バルコニーに洗濯物を干されている方は、すでに物干しにスタンバイされているかもしれませんが、

我が家は浴室乾燥を使っているので、この場所に掛けておくのがベストなんです。

ハンガー類を出しっぱなしにしておきたくないので、普段はカゴに入れています。

ちなみに①乾燥機までかけるタオル類の洗濯物は、帰宅時間帯に出来上がるようタイマーをセットしてから出かけます。

帰宅後は、乾燥機と浴室から洗濯物をリビングまで移動して、たたみます。

洗濯物をたたんで収納するまでをロボットがやってくれる時代が早く来ないかな、と日々想像しています(笑)。

あと数年後したら、娘が一緒にたたむのをお手伝いしてくれるかな。

次回では、平日のお掃除と夕食作りについてご紹介したいと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

※ 【ネットで見つけた、私らしい暮らし】今までのシリーズを見てみる