我が家が400個の簡易トイレを備蓄する理由。試してわかったベストな「防災備蓄」とは?

 

カワグチツトム / PIXTA

近い将来、東京でも必ず起こるだろうといわれている大震災。

その時に対して、一体どのような備えをしておけばいいのでしょうか。

これまでいろいろなことを試みてきましたが、子どもが4人いる6人家族の我が家には合わないものもありました。

今回は、いま我が家でしっくりきている「防災備蓄」について、その一部をご紹介したいと思います。

 

■家族を守るための食糧備蓄は、「ローリングストック」なら安心!

@yume / PIXTA

首都圏の機能が麻痺した場合、支援物資が十分に行き渡るのか?というのも大きな心配のひとつです。

しばらくの間、家族が自力で生きていけるだけの備えがあれば、不安も少し和らぎそうですよね(食べ盛りの子どももいますので、1週間分を目安に備えています)

備蓄の方法も様々ありますが、被災時にも日ごろ食べ慣れた物を食べさせてあげたいと思い、我が家は「ローリングストック」を取り入れています。

ローリングストックとは、日常的に食べる食品を多めに買い、切らさないように買い足して、常に新しい食品が備蓄される方法のことです。

我が家では以下のものをストックしています。

baphotte / PIXTA

1・子どものお夜食にも使えるフリーズドライスープ、ツナやサバの缶詰、レトルトカレーやパスタなど

2・子どもが簡単に安全にお腹を満たすことができるように、カロリーメイトやゼリー飲料など。もしもの時に子どもだけが家にいる可能性も高いですし、これは普段は子どもの部活や塾でも活躍します。

3・非常時こそ貴重な嗜好。子ども達には飴やラムネ、大人にはスティックコーヒーなど。

いずれも、日ごろの生活で少しずつ使いながら 定期的に補充をして、常に多めにストックしておくようにしています。

こうすることで賞味期限切れを防ぎ、無理のない備蓄ができています。

(このほか、水や無洗米も同じようにストックして、その時に温かいご飯を炊けるように考えています)

 

■非常用品こそ、「いつも見えてる」「いつでも取り出せる」が大切!

せっかくの備蓄品も、混乱の中で取り出すことができなければ意味がありません。

我が家では、このような丈夫なコンテナに収納しています。

座ることもできる強度がありますので、子ども達のベンチとして、ゲームをしたり、本を読んだりする良い空間となっていますし、

蓋を開けるだけなので、中身を取り出したり補充するのも簡単です。

そして何より、子ども達が日ごろから「ここにある」と認識できていることが肝心なのです。

こちらのコンテナは、不要になった時には折りたためるのも嬉しい点です。

いずれはキャンプグッズなどとして、活躍してくれるかもしれません。

 

■「食べること以上に我慢が難しいのは、出すこと!」

BR01 / PIXTA

これで準備は万端!と思いましたが、先日、防災備蓄収納プランナーの方からお話を聞き「食べること以上に我慢が難しいのは、出すこと!」と知りました。

つまりトイレ。

考えてみれば、確かにその通りです!

被災地でのトイレ問題は大変に深刻だとも聞きますので、簡易トイレも備えておくことにしました。

6人家族が2週間ほど困らないように考えて、400個購入。

大きな出費となりましたし、この簡易トイレを収納する場所も問題ですが、優先順位の高さを考えればやむを得ません。

子どもと一緒におもちゃの量を見直して、簡易トイレの収納場所を確保しました。

 

■家にため込んだ不用品と家族の安全。大切なのはどちらでしょうか?

一本木 / PIXTA

何のために物を減らすのか?  家を整えるのか?

それを、防災備蓄の面から考えてみるのもいいかと思います。

もしもの時、今お住まいの家では、どれくらいの物が倒れ、散乱するか、イメージしてみたことはありますか?

“その時”は夜かもしれません。真っ暗闇かもしれないのです。

物に阻まれて、さらに怖い思いをするなんて、悲しすぎます。

不用品を減らすことで、今よりも十分な備えをするためのスペースとして空間を生かすこともできますね。

“物を選び、空間を整えること”は、「今」の暮らしだけでなく、「未来」にも大きな力を発揮するということなのです!

今年も残り40日程となりました。

新年に向けての大掃除、ついでに備蓄について見直す機会にしてみてはいかがでしょうか?

(ライフオーガナイザー® 森下敦子)