働くママが実践して分かった!主婦が本当に欲しい最新「掃除機」って?

 

働きながら、家事・育児・妻、どれもこれも上手くこなすのは正直とても難しいですよね。

「日刊住まい」でも活躍している”お片づけ先生®”伊東裕美さんも、3姉妹の子育てをしながらフルタイムで働いているため、家事に優先順位をつけると、どうしても「掃除」の順位は後ろの方になってしまうとか。

とはいっても、部屋中の”埃や髪の毛、子どもの食べこぼし”はやっぱりどうしても気になってしまうもの。

そんな日々忙しい伊東さんにとって、掃除の強い味方が、ダイソン コードレスクリーナー」

忙しい毎日の中で、簡単に素早くお掃除ができるアイテムがあると働くママの伊東さんとしては本当にありがたい。

実はダイソン歴10年以上という伊東さんのお宅にお邪魔し、最上位のV8シリーズを使ってもらいながら、場所別にお片づけ先生®ならではの「ダイソン」活用術を拝見させてもらいました。

 

■場所1:「ダイニング・リビング」フル充電で最長40分稼働できるから時間を気にせずできる!

ダイソン歴10年以上とはいっても、コードレスクリーナーに出会ったのは2年前だという伊東さん。

最初は、コードレスになったことで、吸引力が落ちているのではないかと心配だったので家電量販店で実演している様子を見に行ったそう。

その時、目の前でゴミが吸い取られている様子を見て考えることなく「即欲しい」と感じた理由は以下になります。

  • パワフルな吸引力が変わらない
  • コードレスだから食べこぼしやなどちょっと気になったらすぐ使える
  • 重さも気にならないし、持ち運びも簡単!
  • 圧倒的に排気がきれい!

あと、運転時間の長さも魅力のひとつ。

V8シリーズ」は、フル充電で最長40分稼働できるので時間を気にせず掃除ができます。

ダイソンが調べたところによると日本家庭における90%以上が20分以内に完了しているようです。

なので、家のすみずみまで十分に掃除できるから、運転時間を気にせず安心して掃除できますね。

まずは、いつも一番汚れてしまうダイニングとリビングから掃除してもらいました。

子どもたちがご飯やおやつを食べたりすると、つい床に食べかすを落としてしまいがち。

しかも、テーブルの下など掃除にくい場所にゴミが行きがち。

それでも、V8シリーズなら簡単に奥まで届きます。

伊東さんも「とても軽いから、奥まで楽々掃除できます!」とご満悦の様子でした。

 

■場所2:「子ども部屋」強力な吸引力と集じん性能があるので、子どもが出すゴミも瞬時にきれいに!

子ども部屋は、ゴミが一番出やすい場所なので、掃除をしっかりしたい場所でもあります。

V8シリーズ」は、強力な吸引力と集じん性能があるので、きれいに掃除できて、とても安心だという伊東さん。

 

 

子ども部屋では勉強した後にでた消しゴムのゴミなども、普通に掃除機で吸うと机にピタッとくっつき掃除しにくいですが、「コンビネーションノズル」を使うときれいに吸い込んでくれとてもきれいになりました。

ノズルも短いので、子どもでもできるから助かります。

 

フローリングや家具の隙間、畳の大きなゴミから小さなゴミまで「ソフトローラークリーナーヘッド」なら一度で取ることができます。

上の写真にもあるように、壁際のゴミにも威力を発揮します。

軽量で小回りが利くので、収納棚下の手の届きにくい場所も簡単に掃除でき、「隙間ノズル」などツールを使えば普段掃除しにくいところも問題ありません。

 

そして、掃除機の排気もお子さんがいると気になるところだと思います。

V8シリーズ」は、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上掃除機内に捕えて、部屋の空気よりきれいな空気を排出。

だから、お子さんがいながらでも安心して掃除ができます。

 

■場所3:「キッチン」気になるときにサッと使えるのがコードレスの強み!

キッチンも、食材のかけらやお米などが落ちることがあります。

しかし、V8シリーズはコードレスなので面倒な準備がなく、掃除を後回しにしなくても、使いたい時にすぐ使えるのも魅力です。

「ソフトローラークリーナーヘッド」で、大きなゴミから小さなゴミまで一気に逃さず掃除できちゃうところがさすがダイソンの「V8シリーズ」です!

冷蔵庫周りの隙間は、埃が驚くほど溜まる場所。

大掃除の時にしか掃除をしないと耳にしますが、伊東さんは付属でついている「隙間ノズル」をキッチンにある”収納棚下段”に収納しています。

そのため、大掃除にと気合を入れることなく、気になった時にサッと掃除ができます。

 

せっかく付属ツールがたくさんあっても、活用しないと意味がないので、”ツールごとに各お部屋へ収納”すると各お部屋で必要なツールを思う存分使うことができます。

  • キッチン周辺に収納 ⇒ 隙間ノズル(棚の隙間・冷蔵庫の隙間など)
  • 子ども部屋に収納 ⇒ コンビネーションノズル(消しゴムのゴミなど)
  • 寝室に収納 ⇒ ミニ モーターヘッド&フトンツール(マットレスや布団の掃除)

 

■場所4:「階段」コードレスだから毎日でも簡単に掃除できる!

女性にとって、重い掃除機をもって階段を掃除するのはとっても重労働。

そのため、週1回しか階段を掃除しないなんて声も聞きます。

ダイソンのコードレスは、片手で楽に掃除ができるので毎日できます。

伊東さんは、毎朝外出前に「リビング・トイレ・階段」を掃除してから外出します。

階段を1段ずつ掃除する時に、ヘッドが柔軟に動いてくれるので階段の隅っこにあるゴミもちゃんと吸ってくれるのでとっても気持ちがいいです。

 

■場所5:「ベット・布団」ダニアレルゲンなどのハウスダストを取り除く!?

ミニ モーターヘッド

ベッドには、ダニの死骸などが数百万匹も存在しているといわれています。

そのため、ベッド専用の掃除機も多数存在しますが、ダイソンの「ミニ モーターヘッド」や「フトンツール」を使えば、ダニアレルゲンを含むハウスダストを吸い取ってくれます。

伊東さんの家族は、全員アレルギーがありハウスダストには一番身体が反応してしまうそう。

そのため、以前はベッド専用の掃除機を買うことも検討していましたが、現在はダイソンの付属ツールの「ミニ モーターヘッド」で週1回掃除する程度で十分快適に眠りにつくことができました。

ダニやハウスダストだけでなく、ベッドに落ちている髪の毛も気になることが多いので、気になった時にすぐ掃除機で吸えるようにこの2つの付属ツールは寝室のクローゼットに常時収納しています。

 

■ダイソン愛用者だからわかる「V8シリーズ」はこんなにすごい!

エアコン掃除にも便利な「コンビネーションノズル」

エアコンのフィルターはもちろん、吹き出し口部分の埃もダイソンの吸引力でしっかり吸い込んでくれます。

脚立にのらずに楽に吹き出し口の掃除もできたので感動しました。

また、主婦にとって嬉しい変化といえばゴミも捨てやすくなりました!

レバーを引き上げると本体上部のラバーがゴミをこそぎ落とすので残ってしまったゴミも簡単に取り除けます。

そして、伊東さんは仕事でもプライベートでもよく車をつかうため、車内も砂や子どもがこぼしたお菓子などたくさん落ちています。

そこでもまた大活躍のダイソンの「V8シリーズ」。

ノズルを「ハードブラシ」に変えてゴミを吸い取ります。

コードレスということはもちろん、ダイソンならではの吸引力により気になる小さなゴミをしっかり吸い取ってくれるので

わが家には、なくてはならないモノとなりました。

V6を愛用している伊東さんですが、今回V8シリーズを使ってみて一番感動したのはパイプの長さ!

今回使用した直販限定モデルの「ダイソン V8 アブソリュート プラスは、他のV8シリーズと比べて若干ワンド部分が短く設計されていました。

その理由は、女性の平均身長に合わせて短くしたそうで、今までより肩に力が入らずより楽に掃除機がかけられるんです。

そのちょっとした変化ですが、なんだかとても女性に対しての優しさを感じていた伊東さん。

V8シリーズは運転音が50%も軽減されたというので、これまで使っていたV6と比較してみました。

今までは掃除中に携帯がなっても気づきませんでしたが、V8シリーズはバッチリ聞こえました。

これからもどんどん進化していくダイソンを楽しみに、そしてこれからもわが家のお掃除を素早く簡単にできるお掃除アイテムとして活躍してもらいたいと思います。

製品についてより詳しく知りたい方はこちらをアクセス:
V8 シリーズ
V8 アブソリュート プラス

 

■キャンペーン告知

Dyson V8, V7 コードレスクリーナー最大10,000円 キャッシュバックキャンペーン

2017年11月29日-12月31日ご購入の期間限定

・10,000円キャッシュバック対象: Dyson V8 Absoluteシリーズ
・5,000円キャッシュバック対象: Dyson V8 Animalpro, Dyson V8 Fluffy シリーズ
・3,000円キャッシュバック対象: Dyson V7 シリーズ

対象購入期間中に対象製品をご購入いただき、専用応募用紙に必要事項をご記入の上、レシート等購入証明と梱包箱にあるJANコード記載のあるバーコードを貼り付けてご応募いただくと、お買い上げ金額に関わらず、対象製品に応じた金額を返金します。

詳しくは、お近くの家電量販店(エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ベスト電器、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ など)またはdyson.co.jp(PC)dyson.co.jp(SP)まで


Sponsored by ダイソン