クリスマスにお好み焼き! パーティーにぴったりな絶品お好み焼きをプロが伝授!

クリスマスといえばチキンにケーキ、キッシュにラザニア……。ふと見るとすべて洋風の物ばかり。

クリスマスだからってテーブルの上まで洋風でいなくてはいけないなんて事ありません!せっかく皆でテーブルを囲むなら美味しいものでいいし、楽しければそれで満足です。

じゃ~お寿司?と言うお値段が少し張ってしまうものではなく、手軽な金額でしかもおいしい庶民の味「お好み焼き」を焼いてクリスマスは楽しみませんか?

_MRS3139 (680x1024)

……と言っても、市販の粉は何となく粉っぽかったり1枚食べただけでおなかが膨れてしまうもの。

そりゃ粉ですから、1枚食べたら他の物を食べられなくなりましたという事も多いです。

しかし、粉が少なめで山芋たっぷりな関西風のお好み焼きならお腹にもたまらず沢山食べられますよ!そんな本格的なお好み焼きをフライパンでで焼いてみませんか?

もちろんホットプレートでも大丈夫。焼いている姿を見ながらだときっと、大人数のパーティーでもお酒が進みますよ。

まずはパーティーで楽しめる本格的お好み焼きのレシピ公開します!

 

■材料はシンプル!

キャベツみじん切り 170g(1人前の量)
大葉みじん切り 少々
とろけるチーズ1枚
生地 約5人分(長芋 110cc だし汁 110cc~120cc 小麦粉 150g)

★ネギきざみ 天かす 桜エビ しょうがみじん切り 卵1個

油 少々
マヨネーズ

ソース(トマト半かけ トマトペースト小さじ1/2  水50ccコンソメ小1/2 カレーペスト1/2 水溶き片栗粉小1/2 植物油小1/2)

※簡単なお好み焼き用だし汁のつくり方
水 250cc めんつゆ 50cc 煮干の粉またはかつお粉 大さじ1/2

そのほか好きな具材

 

■作り方もカンタン!

1.キャベツを細かくみじん切りにする。ネギは細かく輪切りにして下ごしらえする。

_MRS3115 (1024x680)

2.小麦粉にだし汁を入れ耳たぶぐらいの硬さになったら、擦った長芋を加え空気が入るように混ぜる。

3.フライパンだと弱火より中火までいかない火力。ホットプレートですと120度の温度を保つ。

少量の油をひき、キャベツをボールに入れ★の具材を入れる。

_MRS2903 (1024x680)生地を入れ(大さじ1.5 / 50g)一気に混ぜる。ここで注意してほしいのが約15秒~20秒以上以内で混ぜるのがオススメ。それを過ぎるとキャベツの水分が出て水気が出てしまいます。(生地が少なく感じますがそれで十分です。後はお好みで量を調整してください)

_MRS2905 (1024x680)

4.お好み焼きを焼いている間にソースを作ります。

トマト半掛けを小口切りにする。(中火)フライパンに油をひき軽くトマトを炒める。水を加えカレーパウダーとトマトペースト、コンソメを加え混ぜる。全体が混ざってきたら水溶き片栗粉を加え火を止めて余熱でとろみを付ける)

_MRS2906 (1024x680)

(↑フライパンで焼く場合は弱火。このくらいの火加減)

5.片面5〜7分焼く。フライ返しもしくはお好み焼き用のてこなどがあるとひっくり返しやすいです。片面を焼いたらもう片面を5〜7分焼く。

_MRS2915 (1024x680)

6.両面焼いたところでチーズを乗せて溶けるまで蓋をかぶせます。

チーズが溶けたら皿に盛り、ソースをかけてマヨネーズと大葉をちらす。

_MRS3139 (680x1024)

7.クリスマス仕様のお好み焼きが完成!

空気を入れながら擦った長芋がほんわか空気の入った状態になったら、焼き上がりもお店のような本格的なお好み焼きになる為、このレシピはお腹にもそんなにたまらず沢山食べられますよ。

お誕生日会やパーティーなどではお好み焼きにロウソクを立てて出すのも喜ばれます。

是非、人数のいるパーティーでご活用してみてください!