プロが教える、欠陥物件を見抜くためのテクニック(中古戸建て編)構造チェック法

Caito / PIXTA

Caito / PIXTA

最近よく耳にする“欠陥物件”という言葉。

住宅ローンを組んで、やっと手に入れた我が家が欠陥だったら……。そんな戸建ての欠陥物件を見抜くためのテクニックを、お伝えしましょう。

 

■戸建ての「欠陥」って?

欠陥物件というと、“建物の欠陥”ばかりをイメージしますが、戸建てには、建物の欠陥以外にも、土地の欠陥、環境の欠陥などがあります。欠陥物件を見抜くためには、戸建ての特徴をしっかり理解することが大切です。

 

■「建物の欠陥」を見抜くポイント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床下は構造と漏水のチェックが行える重要なポイントです

戸建ての「建物の欠陥」を見抜くために、最も重要なポイントは、“構造”と“漏水”です。

建物を見る時、つい見た目の綺麗さに目がいってしまいますね。しかし、それは表面的なもの。あとあと手直しすることができます。

まずは、建物に大きな問題がないか、しっかりチェックしましょう。

 

■建物の欠陥“構造編”:図面のチェック

kou / PIXTA

kou / PIXTA

建物の欠陥編として、“構造”のチェック方法をお伝えします。

建物の構造をチェックすることは、とても難しい作業です。

建築士などの専門家に依頼した場合、それなりにお金と時間が掛かります。

例えば中古戸建てを買いたいと物件を探している時、気になった物件の構造チェックを1軒ずつ専門家に依頼することは、現実的に難しいですね。

ここでは、ちょっと時間を掛ければ誰でもできる、木造戸建ての簡易チェック法をご紹介します。

 

■壁と柱の直下率チェック

1階の平面図に2階の間取りをマーキングして、1階と2階の間取りのバランスを確認する、という方法です。

≪壁の直下率をチェック≫

(1)1階の平面図に、2階の間取りを赤いマーカーペンで写す。

(2)1階の平面図に、1階の間取りを青いマーカーペンでなぞる。

 

すると、1階平面図の壁の色が以下のいずれか3色になります。

 

紫色の壁・・・1、2階の壁位置が一致する壁。

赤色の壁・・・1、2階の壁位置が一致しない壁。(2階壁あり、1階壁なし)

青色の壁・・・1、2階の壁位置が一致しない壁。(2階壁なし、1階壁あり)

 

≪柱の直下率チェック≫

(1)1階の平面図に、2階の柱位置を赤鉛筆で丸印で記入する。

(2)1階の平面図に、1階の柱位置を赤鉛筆で丸印で記入する。

(3)1、2階の柱位置が一致する柱は、赤丸内を青鉛筆で塗りつぶす。

 

すると、柱の色が以下のいずれか2色になります。

 

赤丸に青塗りつぶしの柱…1、2階の柱位置が一致する柱。

赤丸の柱…1、2階の柱位置が一致しない柱。

 

耐力壁の位置や構造のバランスなど、専門的な知識が必要なことは、ここでは除外します。

上記の簡易チェック法で、壁や柱の直下率が50%以下の間取りは、現地調査で該当箇所のチェックをしっかり行ったり、専門家に調査を依頼するなど検討しましょう。

 

次回は“構造編”の現地調査チェックポイントをご紹介します。