やっぱり落ち着く…畳がない家に「和モダン空間」を作ってみた

最近は和室がない家も多くなってきたと思いませんか? 和室がない家で育った若者も多く、「和室ってダサいよね。」なんてことを言う子も出てきたくらいです。

しかし、“和モダン”という名称になると、なんとなく「かっこいい」という声もあるから不思議。昨年、筆者が引っ越した家にも和室がなかったため、“あるモノ”を使って和モダンな空間を作ってみました。

 

■「和室空間」を作ろう!

こちらが入居前の我が家です。赤い壁や扉が特徴的な、1LDK。“和”とは縁遠い、現代風な雰囲気のお部屋です。

もともと築50年以上経っているマンションをリノベーションしたこの物件。押し入れだったところは、襖を抜いてクローゼット替わりになるような設計です。

この空間を利用して、このように和室空間へと変身させました! ちょっとした書斎スペースになっています。

インテリアが制限されそうな、赤いモダンな壁も、よく見てみると朱色のような温かみのある色なんです。文机の深い色と調和して、和モダンにピッタリ!

文机は、ネットオークションでゲット。必要最低限の物のみを入れることを心がけています。こういった本格的な和アイテムがひとつあるだけで、グンとそれらしくなります。

ネットでアンティークものを買う時は、なるべく写真が多くアップされているものや出品者の評価などを確認して。

また、オークションだと値が張るものも出てくるので、自分でも「この値段までなら出せる」というのを決めてからオークションに参加しましょう。意外と似た商品が後日出てくるときもあるので、焦らずに。

 

■畳は「い草ラグ」で代用

足元には、畳の代わりに「い草ラグ」を敷いています。持ち運びが簡単ですし、なんといっても安価。これだけでグッと和室空間へ。

壁が真っ白なお家は和モダン感が出ますよ。

素足で感じるい草の風合いは、サラサラととても気持ちいいですよ。フローリングが汗でべたつくこれからの時期には、快適度はさらにアップ。

1,000円ほどで購入できますが、安すぎると「い草特有の香り」もすぐ消えてしまうので店頭にある商品の中で、高すぎず安すぎずの商品がオススメです。

 

やっぱり和空間は日本の“ココロ”。もし、1畳分のスペースが空いていたら、和室空間を作ってみませんか? きっと心穏やかに過ごすことができるはずですよ。ぜひお試しください。