中古マンションリノベを選んだポイントとは?【福田彩のマンションリノベ日記】vol.2

cba / PIXTA

cba / PIXTA

(前回までのあらすじ)

結婚を機に2009年ごろから始めた家探しは、新築マンション、中古マンション(リノベ)、中古戸建(リノベ)、注文住宅……と完全に迷走。

半ば諦めモードに入っていた2013年5月、久しぶりに訪れた住宅情報サイトで今の住まいを見つける。

慎重派のはずの夫が物件に一目惚れし、すぐさま購入を決意。話はトントン拍子に進んで……。

 

■どうして「中古マンションをリノベする」という結論に至ったのか?

そんなわけで、リノベーション前提で中古マンションを購入することになりました。

今回は、家探しに翻弄した我が家がなぜ最終的に中古マンション(リノベ)を選んだかについてをお話ししていこうと思います。

 

■そもそも、新築か? 中古か?

新築の場合は、その建物の販売にかかる“広告費”等も物件価格に加算されるため、中古に比べると割高になるといいます。

たしかに、新築は外観も設備もすべてが最新でとても素敵です! でも、間取りや内装があらかじめ決まっているものが多い分、自由度が低いのかもという印象をわたしたちは持ちました。

限られた予算の中で同じお金をかけるなら、物件価格をおさえて、その浮いた分のお金で自分たちの好きなデザインの家に住みたいと思ったのです。

 

■戸建てにするか? マンションか?

小さい子どもがいて、夫婦の共通の趣味が「キャンプ」である我が家にとって、車はなくてはならないものです。

けれど、23区内で駐車場を借りるとなると、毎月それなりの金額が必要に。

調べていくうちに、マンションは駐車場代のほかに管理費や修繕積立費など、ローン以外にかかってくるお金が多いということがわかりました。

一方の戸建ては、自宅の敷地内に駐車スペースを設ければ、駐車場代も管理等も要りません。

トータルで考えると戸建ての方がお得なのでは……?と考え、一時は戸建てに心が傾いていたのですが……。

 

■面倒くさがり屋にはマンションが◎!

マンションを購入すると、月々の「管理費」や「修繕積立費」などが必要になりますが、その分、日々の掃除やメンテナンスなどは、管理会社や組合がしっかりと管理してくれます。

宅配ボックスが設けられていたり、ゴミ出しするのが楽だったり、来客用の駐車場があったり……とたくさんのメリットが!

予算をしっかり立てながら数年ごとに外壁を塗り替えたり、こまめに庭の手入れをしたりなんていうことは、面倒くさがり屋のわたしたち夫婦には到底、無理なことだと気付いてしまったのです。

 

立地、予算、趣味・嗜好を突き詰めて考えていくと、わたしたちには中古マンションをリノベするのがベストな選択だということに。

お互いがきちんと納得したうえで決断できたので、約5年もかかった家探しは決して無駄ではなかったのかもしれません。

戸建てにするか、マンションにするか。リノベにするか、新築にするか。家を購入する人の多くがここで迷うかもしれません。

そんな時は、自分たちが一体なにを大切にしたいのか、もう一度考えてみるといいかもしれませんね。

次回は物件購入の手続きについてお話ししていきます。

 

【福田彩のマンションリノベ日記】

vol.1出会いは突然に…