DIY

mujikko-RIEmujikko-RIE

セリアの100円ボードで簡単!マリメッコの「ファブリックパネル」のつくり方

マリメッコの手づくりファブリックパネル
おしゃれな「ファブリックパネル」。セリアの100円パネルを使ったDIY。初心者にも簡単な方法で可愛いファブリックパネルがつくれちゃうんです。

生地は家にある端切れでOK。マリメッコなど北欧デザインのファブリックでつくると、部屋の雰囲気がぐんとアップします。特別な道具も必要なし!お金がかからないのもうれしい!
さっそくつくり方をご紹介しましょう。

1.セリアのファブリックボードを準備する

セリアのファブリックボード

まずはセリアでファブリックボードを購入します。

絵柄が付いてるタイプもありますが透ける可能性があるので、無地のものを選んでくださいね。このボードの上に好きな生地を張っていきます。

2.必要なのはパネル・生地・タッカー(ホチキス)の3つだけ

ファブリックパネル・好きな生地・タッカーを準備する

必要なのはたったの3つ。ファブリックパネル・好きな生地・タッカー。
タッカーは最近では100円ショップにも売ってありますが、代わりにホチキスでもOKです。ホチキスの場合は、パカッと水平に開くタイプのものを選んでくださいね。

生地の大きさは、ファブリックボードの大きさが25×25cmなので、30×30cm以上あれば十分です。家に端切れなど余ってないですか?

3.まずはファブリックボードの金具を内側に

ファブリックボードの金具を内側に取り付ける

ボードには壁に取り付けるための金具が2か所付いています。そのままだと邪魔になるので、まずはこのようにくるっと回して内側に入れて下さい。簡単に回ります。

取り外してもいいのですが結構大変なので、とりあえずはこれでOK。

4.金具を避けてタッカー(ホチキス)で生地を張る

ファブリックパネルのつくり方。金具を避けてタッカーで生地を張る

下準備ができたら、いよいよ生地を張っていきます。生地を中央に置いて、まずは1辺から。

タッカーやホチキスで留めていきます。金具の上は避けてくださいね~!

5.1辺を留めたら、次は向かい側の辺を!

ファブリックパネルのつくりかた。1辺を留めたら次は向かい側の辺を留める

次に向かい側を留めます。その方が布をピンと張れるのでシワがなくてきれいにできるんです。

布をしっかり引っ張りながら留めるのがポイント! 何か所留めてもいいですが、ホチキスの場合は多く留めたほうが外れにくいですよ。

6.残りを留めればファブリックパネルが完成!

4辺を留めたら、手づくりファブリックパネルの完成

残りを留めたら完成です!

角の処理にちょっとコツが要りますが、できるだけ丁寧に折り込んでくださいね。慣れるとスムーズにできるようになります。

裏側は見えないのでこのままでも大丈夫ですが、気になる人は切り揃えて上からマスキングテープなどで固定しておくとキレイです。

マリメッコのファブリックパネルはおしゃれ

とっても軽くて飾りやすい大きさなので、家じゅうどこでも飾れます。

この簡単なDIYなら、初心者でもできそうな気がしませんか? 季節や部屋によって布を張り替えて、ワンランクアップのインテリアを楽しんでみてください。

  • B!